ギタリストの悩み解決

大人のギタリストの「困った」を解決します。

チョーキングが上手くなる3つの練習方法!

チョーキング

f:id:totalguitarmethod:20200911104950j:plain

チョーキングって簡単そうでなかなか難しいんですよね。ピッチが安定しなくて音痴になちゃったり・・・お気持ちわかります。

心配無用です。

この記事を読んだら、チョーキングが上手くなる3つの練習方法が分りますよ。

その①チューナーを使う

チョーキングが難しいのは「ピッチが決まらない」からです。まずはチューナーをつないでチョーキング練習をしましょう。チョーキングし終わったピッチが安定しているかをチューナーで確認すると「高過ぎる」「低過ぎる」が一発で分ります。「チューナーを使うのは神経質すぎる・・」って思うでしょ?実はチューナーっていうのはかなり「精度が悪い」んです。ギターの弦ってなかなかピッチが安定しないのでチューナーの精度ってわざと悪くしてあるんです。最近のチューナーは視覚的に分かりやすくするために色を付けてくれたりしてるので「大まかなピッチ感」が掴みやすいですね。

トータル・ギター・メソッドお客様の声

その②チョーキング・スピードを変える

チョーキングはターゲットのピッチまでどのくらいの時間をかけてあげるかが決まってないので、自分でコントロールしなきゃいけないんです。音を弾いた瞬間にサッとチョーキングするのか、音価分の時間をかけてゆっくりチョーキングするのか(これをポルタメント・チョーキングと言います)、チョーキングをしてからピッキングをするのかなど、いろいろ練習して下さい。当然この時もチューナーを繋いでおくといいですね。

トータル・ギター・メソッドのレビュー

その③ビブラートかけてピッチを保持する

チョーキングで最も難しいのは、ピッチの決定でも、ターゲット・ピッチまでのスピードでもなく「ピッチの保持」です。サッと正しいピッチにチョーキングできたのにすぐに音痴になってしまう。長い音価だと不安定になってしまう・・・ってことがしばしば起こります。これを回避するためにチョーキングをしたら、ビブラートをかけて伸ばしましょう。そうすると自分がどのピッチを基準にしてピッチを上げ下げしているかの感覚が掴めるようになります。

トータル・ギター・メソッドの口コミ

まとめ

チョーキングが上手くなる3つの練習方法は

  • ①チューナーを使い
  • ②スピードを変えて
  • ③ビブラートをかけてピッチを保持する

でした。何かチョーキングの技術で質問がありましたらいつでもお待ちしています。

トータル・ギター・メソッド評判

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain