ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギター・テクニック3選!【夏にオススメ】2020年

テクニック

あらゆるギター・テクニックがあるのですが、特に夏にオススメのギター・テクニックがあるんです。体が温まっている夏は細かい動きやストレッチがしやすいですしね。夏の間に極めてしまいましょう。そう、引き籠もることが多い2020年夏に!

オススメ・ギター・テクニック①小指強化

f:id:totalguitarmethod:20200713104544p:plain
「俺は小さい頃から小指の力を鍛えるために、ドアノブは小指で引っかけて開け、箸は小指と薬指で持ち、スマホも小指で操作している・・・」って人がいたら別ですが、ほとんどの人の小指って「ゆ〜こときかない」んです。だからといって養成ギブスをはめたり、無理な筋トレすると痛めるだけです。このエクササイズで強化して下さい。注意点として、疲れたら休憩、疲れが取れたら再開って感じで練習するといいでしょう。さらに、痛みを感じたらすぐ辞めましょう。

オススメ・ギター・テクニック②ハーモナイズド・チョーキング

f:id:totalguitarmethod:20200713104558p:plain
ハーモナイズド・チョーキングとはこの例でいうと1弦12フレットは押さえたままで、2弦15フレットだけをチョーキングして2音同時に鳴らすテクニックです。レスポールやテレキャスターなどのボディ裏にバネが入っていないギターは大丈夫なのですが、ストラトキャスターやフローティング・トレモロ付きのギターは2弦15フレットをチョーキングするとバネが伸びるため、自動的に1弦のピッチが下がってしまうんです。だからちょっとだけチョーキングする必要があります。

オススメ・ギター・テクニック③ダブル・ストップ・ビブラート

f:id:totalguitarmethod:20200713104610p:plain
ダブル・ストップとは音を二つ同時に弾くことを意味します。それにビブラートを掛けるんですが、ポイントとしては2本押さえている弦の「低音弦の方のピッチをキレイに揺らす」と考えることです。難しい話ですが、同じ弦の曲がり具合でも周波数が低い方のピッチが大きく変化するからです。ちなみに、1本の指で同時に押さえる(ジョイント)場合は長時間やると高音弦を押さえる場所が痛くなっちゃうので注意して下さい。

上記3選は

上記3選はトータル・ギター・メソッド「テクニック編」のT014,T022,T034に含まれる内容をほんの少しだけ抜粋したものです。当然これだけでは練習不足ですし、上記に記載している部分だけ練習しても中途半端な技術しか身に付きません。会員様はトータル・ギター・メソッドの該当箇所をご覧になってコンテンツ内容をクリアして下さい。まだ、トータル・ギター・メソッドをお持ちじゃない方はお急ぎお求め下さいませ。

まとめ

ギター・テクニック3選!【夏にオススメ】2020年

  • ①小指強化
  • ②ハーモナイズド・チョーキング
  • ③ダブル・ストップ・ビブラート

是非、この夏に極めて下さい!

何かご質問ありましたらいつでもトータル・ギター・メソッドのフェイスブック・レッスンの質問スレッドからお待ちしています!

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain