ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

【簡単】ギタリストのコンプレッサー活用術!

コンプレッサー

コンプって呼ばれるエフェクターはなんとなく知ってるし、エフェクト・ペダルにもあるけど、DTMとかでパソコンで使うらしい・・・何がなんだか・・・よし!調べよう・・・FET?VCA?OPT?スレッショルド?リリース?なんのこっちゃ・・・。
お気持ち分かります。

心配無用です。

この記事を読んだら、初心者やエンジニアリングに詳しくないギタリストでも簡単にDTMソフトなどのコンプレッサーを活用できるようになりますよ。

コンプレッサーの原理

コンプレッサーの原理は簡単です。「デカい音を小さくする」これだけです。な

なんで小さくするか

なんでデカい音を小さくするかというと、例えばドラムでハイハットが「ツツツツツ」となってて、突然スネアドラムで「タ〜ン!」ってなるとびっくりしますよね。ライブならともかく家でテレビ見てて「ツツツツツ」が聞こえにくいなぁと思って音量上げて、スネアで度肝を抜かれる・・・なんてイヤですよね。このスネアにコンプレッサーを掛けておくと「デカい音を小さくする」ので良い感じにバランスが取れるんです。ギターでも同じ。強く弾いたところだけデカすぎるとか、抑揚がありすぎるのが不要な場合に「デカい音を小さくする」ことで音量感をスムーズにするんです。

コンプの中身

で、「デカい音を小さくする」だけなんですけども、「いつどのように小さくするか」が大事なんです。まぁ、コンプレッサーの中に小っちゃなオッチャンが入ってて、大きな音が入ってきたら音量のレバーをグッと下げる作業をしてると思ったら分かりやすいでしょう。例えば、大きな音が「ジャン!」と入ってきた時にそのオッチャンが即座に反応して音量レバーを下げることも考えられますし、オッチャンが「あ、大きな音が入ってきたな、よっこらしょっ」と言いながらゆっくり立ち上がって音量レバーを下げることも考えられます。その音量レバーを下げるスピードもサッと下げるのか、ゆ〜っくり下げるのかもオッチャン次第です。レバーを下げ切るか、途中まで下げるかもオッチャン次第です。さらに、デカい音が入ってきたからと言って下げた音量レバーをそのままにしておいたら次の音は小さく鳴ってしまいますので、音量レバーを元の位置に戻さなくてはいけません。その作業もすぐにやるオッチャンもいれば、の〜んびり戻すオッチャンもいるわけです。つまりコンプの中にどんなオッチャンが入っているかで音が変わる訳です。

コンプの種類

では、オッチャンの種類を見て行きましょう。超簡単に種類分けすると5種類あります。名前が面倒くさいので覚えなくてもいいです。この記事にたどり着けるようにしておけば大丈夫です。今はオッチャンにカッコイイ名前を付けてあげたと思えば大丈夫です。

VCA

電気的な処理なのでオッチャンが素早くスムーズに動いてくれます。速く動けと言えば速く動きますし、遅く動けと言えば遅く動きます。そして文句一つ言わず(歪んだりもせず)テキパキ動く超優等生のオッチャンです。複数のリズムギターをまとめたトラックに掛けるならこのVCAがオススメです。上記のSSLのバスコンプが有名です。

ダイオード・ブリッジ

最近は使われないのですが、優等生であるVCAオッチャンが高価だった時代に、ちょっとブ〜ブ〜文句言う(歪んでしまう)ダイオードで代用した方式です。そこで、「あ、そうだ!そのブ~ブ~文句言う(歪み)ダイオード・オッチャンでも横にたくさん並べたら優等生と同じ動きするんじゃない?!」と考えついた訳です。天下のルパート・ニーヴさんですね。上記のAPI500シリーズに入るPortico 535が有名です。良くも悪くもちょっとブ〜ブ〜文句言っちゃうところがマニアの心をくすぐるようです。素人さんはあまり手を出さない方がいいでしょう。

FET

このオッチャンは電界効果トランジスタ(FET)のパワーでメッチャ速いんです。デカい音が入ってきたらすぐに下げます。まるで、そのデカい音が入ってくるのを知ってかのように。1176系のコンプレッサーと呼ばれます。カッティングなどでチャカチャカチャカチャカ・ジャ〜ン!と抑揚がいきなりデカくなる場合なんかは便利です。上記のUA1176が有名です。

Optical

このオッチャンはどうやら耳が悪いらしく、音が入ってきたら一度「光」に変換してから「あ、光ったってことは音量下げりゃいいんだな」と言う感じで動くんです。ま、ちょい遅いわけです。だから「アタックが殺されない」という解釈もできるので、掛け録りする人も多いです。さらに、なんとその耳が悪いオッチャンにもワイルド系と上品系がいて、ワイルド系はLA-2A(写真上)、上品系はTUBE-TECH CL1B(写真下)が有名です。ギターのアタックを大事にしたい場合はこのオッチャン達がオススメです。

Tube

このオッチャンの代表格はFairChild670です。「え〜加減にせ〜よ!」と思うくらい、音量レバー下げるの遅いし、戻すのもクソ遅いし、しかもブ~ブ~文句言う(歪む)し、やる気あんのか!という感じです。ま、チューブだししょうがないといえばしょうがない・・・それなのにメチャクチャ高価!(レプリカでも150万円)そして、世界中のミュージシャンやエンジニアの前に、空から魔神が降りてきて「一つだけ好きなコンプレッサーをそなたにくれてやろう」と言われたら、100%全員がFairChild670と言います。そのくらいこの「濃いキャラクター」に取り憑かれるんです。リード・ギターに掛けっぱというのがオススメです。

ちなみに

ちなみに私はFETのUREI1176(会社名が変わるのが面倒くさい・・・)でリードの急激なピークを抑えて、その後にTubeのFairChild660(モノ)で全体をスムーズにして、リズム・ギターにはOpticalのTUBE-TECH CL1Bを掛けるようにしています。私は現役時代にアルバムを作るときはプラグインではなく実機をレンタルしていました。10年以上前ですが1台1日6000円のレンタル料・・・しかもFairChild660なんて台数が少ないからなかなか借りられないんです。「あ、津本さん、FairChild660ですよね?今Sugizoさんが持っていっちゃってるんです・・・」と、面識のないSugizoさんのレコーディングが終わるのを待たなきゃいけないこともありました。

まとめ

今の時代はプラグインが充実してますので、自宅でコンピューターを開いてパッパとお試し頂けるのが良いですね。上記のキャラクターを確認するために掛け録りするのではなくて、一度録音して、そのトラックに特定のコンプレッサーを掛けて別のトラックに録音しなおして違いを聞き比べるといいですよ。恐らく録音波形を見比べても明らかに上記特徴が分かると思います。

エンジニアリングや音響学的なご質問も何なりとトータル・ギター・メソッドで聞きまくって下さい。

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain

ギターの上手い下手が分かれる【決定的】な3つの行動とは?

ギターの上手い下手が分かれる?

f:id:totalguitarmethod:20191108111122j:plain

ギターの上手い人っていますよね。同じ時期に始めたのになぜアイツだけあんなに上手い?!高いギター買ったからか?元から才能があったのか?とか色々勘ぐっちゃいます。この上手い下手が分かれる原因って何なのでしょうか?分かりませんよね?

心配無用です。

この記事を読んだらギターの上手い下手が分かれる決定的な3つの行動が分かりますよ。

結論

私が実施している「音楽家のためのコーチング・セミナー」では、この行動を「3つのS」と呼んでいます。それらは

  1. Solution
  2. Strategy
  3. Story

です。一つずつ見て行きましょう。

1.Solution(解決)

ソリューションとは問題を解決することを意味します。つまりどんな状態の自分がどうなっていることが「解決」なのかを明確にします。難しい話ではなく、下手な自分が上手くなってるっていうのをちょっと具体的にします。アマチュア・レベルのアドリブしか演奏できない自分がプロ・レベルのアドリブができるギタリストになってるとか、5曲しか弾けなかった自分が10曲弾けるようになっている・・・など、現状から未来に向かって何をどう解決したいのかを明確にします。

分かりやすくダイエットに例えると「ただ痩せたい」と思っててもダメです。「5キロ落とした状態が自分のソリューション」という感じに明確にします。

ま、ここまでは小学生でもできます。

2.Strategy(戦略)

次にStrategy。ストラテジーとは戦略を意味します。どうやったらギターが上手くなかの戦略を立てるんです。初心者ギタリストならこの教則本を買って、この先生に習って・・・とかのストラテジーになるでしょう。中級者ギタリストなら、このスケールをテンポいくつで弾けるようになって、アルペジオをいくつ覚えて、フレーズをこのくらいの数このくらいのテンポで弾けるようになって、リズム・ギターはこれこれができるようになって・・・というストラテジーになるでしょう。上級者ギタリストなら、次のレコーディングまでにこの10曲をプロ顔負けのクオリティで弾けるようにしてぇ・・・とかのストラテジーになるでしょう。

分かりやすくダイエットに例えると「野菜を食べて、運動をして、規則正しい生活をする」というのがストラテジーになるでしょう。

で、ここまでしかやらないのが90%の人です。だから皆ダイエットに失敗するんです。だからギタリストは上手くならないんです。

3.Story(物語)

最後に最も大切なストーリー、つまり物語です。上記のストラテジーだけだと戦略を考えただけでどのように行動に移すかのプランがありません。それをストーリーの落とし込むんです。例えば、7月1日から12月31日までの半年間でプロ・レベルのアドリブができるギタリストになることがSolution(解決)である上級者ギタリストがいるとしましょう。スケールとアルペジオとフレーズをあらゆるキーで弾けるようにすることがStrategy(戦略)だとしましょう。そうしたら、7月末までにスケールを12キーで覚えて、8月末にはアルペジオを12キーで弾けるようになって、9月末にはフレーズをマスターして、10月末には10曲のアドリブにトライして、11月末には別の10曲にトライして、12月末にプロ・レベルのアドリブができるようになっている・・・と、いうのがStory(物語)です。

上記は一例ですが、この物語を「現実的」に描けてないと夢物語で終わってしまします。

分かりやすくダイエットに例えると、5キロ落とすためには7月末までに野菜中心の生活をしながらウォーキングを始めて500グラム落として、8月末までに運動量をジョギングまでに増やして1キロ落として、9月末までに1キロ・メートル6分ペースでランニングできるようにして摂取カロリーを2割落として1キロ落として、10月末までにリバウンド500グラム覚悟して、11月半ばにファスティングして2キロ落として、12月にリカバリーしながらさらに1キロ落として完成・・・というのがStory(物語)です。

このストーリーを描く作業をやらないのが90%の人です。だから皆ダイエットに失敗するんです。だからギタリストは上手くならないんです。

まとめ

ギターの上手い下手が分かれる決定的な3つの行動

  1. Solution(解決)
  2. Strategy(戦略)
  3. Story(物語)

最後のStory(物語)が最も大事・・・ってことが伝わればと思います。Story(物語)を現実的なものにするためには現実的なストラテジーをたてる【基】が必要なんです。それがトータル・ギター・メソッドであることは言うまでもありません。

頑張るギタリストを応援しています。

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain

 

ちなみに「ナナパパ 粉雪」で検索すると私と娘が歌う動画が出てきて、最後に2人の会話があります。突然声をそろえて「いいね」と言ってる理由が分かるのはこの記事を読んだ方だけです。

【はじめてのギター教則本選び】5ステップ!

たくさんの教則本

f:id:totalguitarmethod:20200507084404j:plain
アマゾンでたくさんのギター教則本が売られています。どれを選んだいいのか分かりませんよね。アマゾン評価だけを頼りに購入したものの・・・よく分からない・・・。お気持ち分かります。

心配無用です。

この記事を読んだら、【はじめてのギター教則本選び】5ステップが分かりますよ。

はじめに!

私自身たくさんの教則本を執筆していますが、この記事は私の教則本をオススメするものではありません。どちらかと言うと人によっては私の教則本が不適切な場合もあるからです。

ステップ①スタイルを決める

まずはスタイルを決めます。ご自身がアコースティック・ギターの弾き語りなのか、ブルース・ギターなのか、ポップスのバンドのギタリストなのか、ロック・ギターなのか、ソロ・ギターなのか・・・これでどんな教則本を検索すればいいか分かりますよね。

ステップ②表紙で抜粋する

まぁアマゾンの中で検索すればいいでしょう。たくさん出てくるので、表紙を頼りに3冊抜粋しましょう。表紙には3種類あります。

  1. 売れたい表紙
  2. 売りたい表紙
  3. 売る気のない表紙

1.売れたい表紙は、大手出版社のサラリーマンが会社のノルマとして出版しなきゃいけないから、暇そうなギタリストを引っ張ってきてなんか書かせて、営業さんと話し合って、目立つタイトルと写真を載せてるはずです。「これだけで大丈夫!」「1週間でできる!」「最後まで読める!」などの売り文句があり、ギターの写真、ギターを弾いてる写真がドンと載ってるのがそれに当たります。この手の書籍は出版社に取って「使い捨て」なんです。雑誌ほど1ヶ月で読み捨てという感じではないのですが、読み捨て、売り捨てでお金さえ入ればいいという考え方です。著者も読者も会社の捨て駒にされてる訳です。マガジンとブックの間を取ってムックと呼ばれます。私も20年前に何冊か書きました。と、いうか書かされました(苦笑)ほとんどが私の雑誌の講座を編集者が寄せ集めだったようです。

2.売りたい表紙は、小さな出版社が良い教則本だから長く売りたいと考えてるので、ちょっとお堅い表紙になってるはずです。「ちょっと難しそうだな」という表紙がそれに当たります。私のベストセラー教則本はほぼこれです。ただ、難しいからかなりマジなギタリストじゃないと適さないかもしれません。

3.売る気のない表紙は私のトータル・ギター・メソッドの書籍版のような表紙です。これは本編のトータル・ギター・メソッドのサンプルですので、頑張って売らなくても良いんです。写真もイラストもない色と文字だけです。しかも在庫も抱えてないんです。PDFのデータをアマゾンが保有していて、注文が入るとアマゾンが印刷をして発送するシステムです。だから売れなくても誰も困らないんです。ただ6時間に1冊売れてます。

ステップ③中身見る

どの表紙が気に入るか分かりませんが、3冊選んだら中身を見ましょう。アマゾンでは「中身を見る!」という「立ち読み」ができますので、雰囲気を確認して自分に合いそうかどうか確認して下さい。

ステップ④著者を調べる

「ほんで、結局どんなヤツが書いてんだ?!」ってのが気になるところでしょう。アマゾンとは別のウィンドウを開いて、著者を徹底的に調べ尽くしましょう。フタを開ければ、専門学校を卒業して自主制作アルバムを1枚だしてユーチューバーやってるだけのギタリストだったり、活動したことのないウンチク・コレクターだったりします。往々にして「プロ・ギタリスト」という文字をプロフィールに入れてる著者は信用できません。当たり前ですよね、わざわざ言わなきゃいけないほどのギタリストだからです。「こいつは信用できる!」と思えたらオーケーです。

ステップ⑤買っちゃう

買っちゃいましょう。考えても無駄です。どうせ最初に買った教則本なんて失敗です。簡単過ぎたり、難しすぎたり、スタイルが違ったりします。買って、失敗して、反省して、メルカリで売って、また同じ方法で買い直せばいいんです。ま、通常の場合、様々な教則本を買うのに8千円くらいを費やして、3千円くらいでメルカリなどで売って、結果的に5千円の出費で自分にあう教則本に出会えればラッキーと考えましょう。

まとめ

【はじめてのギター教則本選び】5ステップ

  • ①スタイルを決める
  • ②表紙で抜粋する
  • ③中身見る
  • ④著者を調べる
  • ⑤買っちゃう

良質な教則本に出会えることを願っています

津本幸司

本気で練習するならトータル・ギター・メソッド本編を以下からお求め下さい

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain

ギターの練習がはかどらない本当の理由

上手くならない・・・

f:id:totalguitarmethod:20191210153656j:plain
なんか毎日だらだらギター触ってるだけで上手くなってる気がしない・・・何やってるか、なんでギターの練習がはかどらないのか自分でもよくわかんない・・・。お気持ち分かります。

心配無用です。

この記事を読んだら、ギターの練習がはかどらない本当の理由が分かりますよ。

結論

「複雑に考えてるから」
以上

英語の格言

バークリー音楽大学時代のコーチに以下の英語の格言を教わりました。

Complexity is the enemy of Execution.

複雑さは行動の敵である

つまり、複雑にすればするほど何やっていいのか分からなくなって、何もできなくなって、なんかやらなきゃいけないんだけど、なにやっても空回りのような気がして、実際に空回りで、その空回りを避けようとまた複雑に考えて、悪循環の結果・・・挫折。これが「複雑」が生み出す結果です。

クソ・シンプルに

複雑さは行動の敵であるわけなので、当然ながらシンプルにすればすぐ行動に移せますし、練習もはかどります。ただ、高知能の日本人はシンプルにしようとしてもまだ複雑に考えちゃってるんです。そこでオススメなのが「クソ・シンプル」にすることです。クソ・シンプルを定義すると、幼稚園児でもできること、音楽やったことのない100歳のおばあちゃんでもできることです。スケールの練習であれば「この場所とこの場所を押さえて、右手でこれもってここをチョンっとはじきましょう」くらいのシンプルさです。音楽理論の学習ならば「ドレミのドが1、レが2、ミが3です」くらいのシンプルさです。

続きが大事

クソ・シンプルに始めることって意外と簡単にできるんですが、クソ・シンプルに続けることができないんです。せっかくクソ・シンプルにスケールの練習を始めたのに次のステップとして「じゃあ、その3倍の量を弾いてみよう」とか、「往復ながらテンポ上げてみよう」とか、自分の首を絞める「複雑さ」を追加しちゃうんです。これでは本末転倒。次のステップも「次のステップに進むことのできる自分にとってクソ・シンプル」にしなきゃいけないんです。

ご自身の練習内容を見直して下さい。複雑にしてませんか?

誤解注意!

やり方が複雑なのがいけないんですよ。演奏内容や音楽理論が複雑なのはいいんですよ。勘違いというか、都合の良いように解釈して「音楽理論は複雑だから勉強するのはやめておいた方がいいな」「この技術は複雑だから練習しないでおこう」とか言い始めるギタリスト・・・出てくるんですよね(苦笑)

まとめ

複雑さは行動の敵である

シンプルではなくクソ・シンプルにしましょう。

私が書いたベストセラー教則本の数々はすべてこの原理に則って「小分けにクソ・シンプル」にしています。音楽理論書である「サルでも分かる音楽理論(上下巻)」が売れるのも100個の項目に小分けにして内容をクソ・シンプルにしたからです。当然、トータル・ギター・メソッドはギターの練習の全てをクソ・シンプルにしたものです。しかも、コンテンツを進めてい行く度にステップ・アップした状態の自分にとって「クソ・シンプル」度合いが同じになるようにしています。つまり、1コンテンツ目をやろうとした自分が「あ、これならシンプルだな」と思えたとしましょう。そのギタリストが99コンテンツ目をクリアした後、100コンテンツを目を見て「あ、これならシンプルだな」と思えるように工夫しています。もちろん1コンテンツ目を見た後に100コンテンツ目を見たら「どわ!何コレ?!無理!」ってなりますよ。この工夫すごいでしょ?ホント・・・口に出せない、説明出来ない、形にならない、立証されてるのに、特許はとれない・・・なぜ・・・と思ってるくらいなんです(泣)

共感して貰えませんか?(笑)

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain

【バンドマン必見】歌モノのギターソロを弾く方法

ギターソロ

f:id:totalguitarmethod:20200531105825p:plain
歌モノのバンドでのギターソロってギタリストの見せ場ですよね。でも、歌モノのギターソロを勘違いしてるギタリストが多いんです・・・というか、アマチュア・ギタリストの99%が勘違いしていて、気付こうともしてません。「自分がその中にいたらどうしよう・・・」と、不安ですよね。

心配無用です。

この記事を読んだら、正しい歌モノのギターソロを弾く方法が分かりますよ。

結論

ボーカルのことを考えてギターソロを弾く

これだけなんですが、これができないんですよね。

根拠

悲しいかな「歌モノバンドのギターの存在」って「寿司屋のかんぴょう巻き」のようなもんでして、絶対必要なのにほとんどの人が「なくてもいいじゃん」と思ってるんです。だから、そんな存在のギタリストがそのギターソロの時にこれ見よがしに好き勝手に弾いて主張しても「ウザい」だけなんです。

お客様はボーカリスト見てるんです。ボーカリストが歌い終わって間奏に入るとボーカリストはやることがないんです。突っ立ってる訳にいかないのでリズムに合わせて動いたりしてるんです。プロの女性ボーカリストなんかだと間奏時の動きをコレオグラファー(振付師)が決めています。もちろん、コレオグラファーは間奏のリズムに合わせて振付を考えます。だから、間奏の「しかるべきリズム」に合わせて弾くべきなんです。じゃないと「画」がめちゃくちゃになります。アホみたいに速弾きするギタリストがいますが、軽蔑されるだけ。無理矢理かっこいいことしようと頑張るギタリストもいますが「よけいなことし〜」に見られるだけです。

具体的にどうするか

具体的には、伴奏のリズムをちゃんと聴きましょう。「食い(シンコペーションの一種)」があるなら、合わせるか合わせないかをちゃんと考えて弾きましょう。コードの変化があるなら、キャッチするかしないかをちゃんと考えて弾きましょう。盛り上がるのか、落ち着くのかなど、間奏の持つ意味を考えて弾きましょう。最後にその諸々の判断の結果が「自分のためなのか、ボーカリストのためなのか」をもう一度考えましょう。ほとんどの場合が「ただ自分が目立ちたいだけ」なんですよね。ちゃんとボーカリストのことを考えて弾けてたらオーケーです。 

まとめ

ギターソロは、その間にやることのないボーカリストのことを考えて弾きましょう。そうすると引っ張りだこですよ。

これから活躍するギタリストの参考になれば。

津本幸司

ちなみに私は2002年で歌モノの伴奏は引退しましたし、今後もやる予定はありません。ただ、娘と一緒にやってる歌ってみたチャンネルでは遊びでやっています。↓の《粉雪》のギターソロは上記のことの参考になるように弾いています。サブドミナント・マイナーの低音アルペジオでの合わせ、アンティシペーションのキャッチ、スケール上昇と、アルペジオ・シーケンスで盛り上がって、間奏最後でロングトーンで静かなセクションへの流れを作っています。ま、お好みはあるとは思いますが「親子の遊び」ですので・・・

www.youtube.com

内容などご質問はトータル・ギター・メソッドの質問スレッドからどうぞ。

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain

ギター速弾き練習法!7ステップ

速弾き

f:id:totalguitarmethod:20200302110126j:plain
エレクトリック・ギターで最もやってみたい技術ですよね。私も現役時代はテクニカル・ギタリストとして活動していました。バークリー音楽大学時代は「絶対に日本一のテクニカル・ギタリストになってやる!」と思ってあらゆる方法で練習しました。良かったこと悪かったことたくさんありました。間違った練習もたくさんやった結果、正しい速弾き方法7ステップを導くことができました。知りたいですよね?

心配無用です。

この記事を読んだら、速弾き練習方法7ステップが分かりますよ。

ステップ①理想を決める

いきなりギターを持って死に物狂いでピッキング!ってやるギタリストの多いこと・・・これ、グチャグチャな弾き方になるわ、速く弾けないは、時間取られるわ、うるさいわ・・・で良いことなしです。自分がポール・ギルバートのようにビートにきっちり合った速弾きをするのか、イングウェイのようにハーモニック・マイナーで詰め込む系にするのか、アラン・ホールズワースのようにあまりピッキングをせずにレガートで弾くのか、フランク・ギャンバレのようにエコノミー・ピッキングとスウィープを多用するのか、アル・ディ・メオラのように深いピッキングでミュートをしながら速弾きするのかなどを決定しましょう。それにより今後の方向が定まります。その理想ギタリストの名前を書き出しましょう。

ステップ②必要技術名をリストアップ

自分の理想に向かうにはどのような技術が必要かをリストアップします。フル・ピッキングなのか、エコノミー・ピッキングなのか、ハンマリング・オンとプリング・オフの連続なのか、スウィープなのか分かりませんが必要だと思われる技術を書き出して下さい。

ステップ③左右個別に練習

左右個別に練習、つまりフィンガリングとピッキングを個別に練習します。いきなり弾いても速く弾けないのは当然ですが、「何が原因で弾けないか」が分からないと一向に弾けるようになりませんので、左右個別に練習して「右手のタイミングがバラバラだなぁ」「ピックの深さがアップとダウンで異なるなぁ」「フィンガリングがリズム悪いなぁ」「小指が動いてないなぁ」と、問題点を書き出して下さい。

ステップ④完璧に弾ける超低速で練習

左右個別に練習したら自分が完璧に弾けるテンポ、つまり超低速で練習します。例えばスケールを速く弾くなら「こんなにゆっくり練習して大丈夫か?」くらいのテンポで丁度良いでしょう。間違っても速く弾いてはいけません。ここでの目的は左右を合わせた時にどのようなトラブルが発生するかを確認することです。「タイミングが合わない」「弦を移動する時にピッキングが深くなる」「インサイド・ピッキングとアウトサイド・ピッキングでリズムが乱れる」などのトラブルを細かく書き出して下さい。

ステップ⑤テンポを決める

それでは超低速から普通に弾けるテンポにします。繰り返しますが「完璧に弾けるテンポ」内に収めて下さい。そして、新たな問題が起こらないか確認し、新たな問題が起こればそれを書き出して下さい。もちろんテンポも書き出しておいてくださいね。

ステップ⑥テンポを遅くする

ある程度弾けるようになったら、ここが重要!テンポを速くしてはいけません。テンポを遅くするんです。速弾き下手ギタリストの最も多い症状が「特定のテンポじゃないと弾けない」というものです。つまり、速くは弾けるけど遅くは弾けない・・・これって、ただ、弾けてないだけなんです。だから自分が弾けるなぁと思ったテンポよりも遅いテンポであればいつでも完璧に弾けるように練習します。どのテンポでどのようなトラブルが起こるのかは書き出しておいて下さい。

ステップ⑦限界を目指さない

もぉ〜この内容を世界中の何カ国で話してきたことか・・・限界を目指して速弾き練習しちゃだめなんです!そうじゃなくて、完璧に弾けるテンポを少しずつ上げて行くんです。例えば、120bpmで余裕で弾けるとしましょう。130bpmだとまぁ弾ける、140bpmだとちょっと苦しいけどなんとか音は鳴ってる、150bpmだとグチャグチャだけど頑張ればなんとか、160bpmだとヤバい・・・160bpmを必死で頑張る!ってやると、ご臨終です。そうじゃなくて120bpmで余裕で弾けるなら121bpmでも全く変わらず余裕で弾けるようにして、次の日も次の日も自分では120bpmも121bpmも変わらないと確信したら122bpmにするって感じです。これを日誌として書き出しておいて下さい。

まとめ

速弾き練習方法7ステップ

  1. 理想を決める
  2. 必要技術名をリストアップ
  3. 左右個別に練習
  4. 完璧に弾ける超低速で練習
  5. テンポを決める
  6. テンポを遅くする
  7. ス限界を目指さない

全部のステップに「書き出しましょう」とあるのが分かると思います。そう、この書き出すというが脳を動かす最重要項目なんです。

頑張るギタリストを応援しています。

津本幸司

 

ちなみに、私は2008年でテクニカル・ギタリストを引退しましたが、最近娘と一緒にやってる【歌ってみた】系YouTubeチャンネルではお遊びで若々しく速弾きしちゃってます(苦笑)

 

速弾き練習内容はトータル・ギター・メソッドに細分化されています。

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain

【初心者必見】ギターの独学方法 7ステップ!

ギター独学?

f:id:totalguitarmethod:20190830111136p:plain
ギターを独学で練習したい・・・やり方分からないですよね。

心配無用です。

この記事を読んだら、ギターの独学方法が分かりますよ。

ギターの演奏は2種類

ギターには大きく分けて2種類の演奏があります。リード・ギター演奏とリズム・ギター演奏です。リード・ギターというのはメロディをピロピロ~っと弾くやつです。リズム・ギターというのはジャンジャンと歌などの伴奏するやつです。この2つを分けて練習しましょう。

リード・ギター練習7ステップ

リード・ギターの練習手順は以下の7ステップです。

  1. リード・ギターの技術を練習:押さえ方や弾き方の種類を覚えます。
  2. スケールを練習:ドレミファソラシドを弾けるようにします。
  3. アルペジオを練習:ドミソ、レファラ等を弾けるようにします。
  4. フレーズを練習:フレーズというのは言葉に例えると単語のようなものです。
  5. スタイルを学習:ロック、ジャズ、ブルースなどのスタイルの勉強をします。
  6. 曲を練習:有名曲のメロディを弾きます。
  7. アドリブ練習:アドリブとは即興演奏、つまり思いついた内容をその場で適当に弾くことを意味します。これができればゴールです。

リズム・ギター独学7ステップ

リズム・ギターの練習手順は以下の7ステップです。

  1. リズム・ギターの技術を練習:押さえ方や弾き方の種類を覚えます。
  2. コードを練習:C(シー)やAm(エー・マイナー)などの和音を覚えます。
  3. ストローク・パターンを練習:ピックを持った右手の動きの練習です。
  4. フィンガー・ピッキングを練習:ピックを持たず指で弾く練習です。
  5. カッティング練習:ファンクなどの弾き方です。専用の練習が必要です。
  6. スタイルを学習:ブルース、ジャズ、ロック、ポップス、EDM、メタルなどのスタイルを勉強します。
  7. 曲を練習:有名曲を演奏します。コードを見ながらあらゆるスタイルでリズム・ギターが弾ければゴールです。

音楽理論

リード・ギターとリズム・ギターの他に音楽理論の勉強が必要です。これが大事なのは今の時代、言うまでもないでしょう。

こんなの無理?

「これだけの項目を練習するなんて無理!」って思いますよね。そうなんです。やっぱり先生に教えて貰わないと効率良く練習できないんです。でも、ギターを習うというのは、外出して、密閉空間で、密接に近寄るってことです・・・避けたいですよね。

教材?

「教則本や動画教材を買えばいい!」って思いますよね。アマゾンで腐るほど売ってますよね。じゃあ、どんな教材買えばいいんでしょうか?何を根拠に誰の教材をどれだけ買えば上記のステップがクリアできるのでしょうか?ほとんどの人が「評価」だけを頼りに適当にAさんのリード・ギターの教則本、Bさんのリズム・ギターの本、Cさんの音楽理論の本を買っちゃいます。当然、自分で根拠もなくかき集めただけです。頭が混乱して挫折・・・が、行き着く所です。

オンライン?

「オンライン・レッスンを受ければ良い!」ってホントに思います?ネット経由で小一時間チョロッとお話されただけで上手くなると思います?オンライン・レッスンは「テーマが決まっている特定の項目の確認」なら効率良く使えるものですが、だらだら長時間やっても無意味です。

YouTube?

YouTubeは論外です。変なクセが付いて取れません。向こうからも確認できません。YouTubeは「補足的な知識を参考程度に入れるきっかけ」にしか使ってはいけません。これは私、津本幸司の動画も同じです。YouTubeを見ながら練習なんて厳禁です。

じゃあどうすればいい?

もう、お分かりですね?そう、私が上記の問題を全て解決しました。上記の項目を一つのメソッドにまとめて、毎日テーマを決めてオンラインで確認する仕組みを作りました。それがトータル・ギター・メソッドです。クイック・スタート編で超初心者から始められ、テクニック編で技術を覚え、スケール編、アルペジオ編、ブルース・ロック・フレーズ編、ジャズ・フレーズ編、アドバンス・フレーズ編でリード演奏を効率良く練習し、リズム・ギター編、カッティング編であらゆるリズム・ギターを練習し、理論編で音楽理論を学び、スタンダード編で有名曲を覚えて、マスター編でギターを極める!各カテゴリーに100コンテンツあります。

はっきり言って上記1カテゴリーだけでも執筆できる人はそうそういません。12カテゴリー執筆できるのは日本で、いや世界で私だけだと思います。まぁ、そこまでは「すごいねぇ」で済む話ですが、なんと、その項目の指定テーマを毎日フェイスブック・レッスンで投稿して、私自身がチェックして確認しコメントするんです。はっきり言って「こんなクソ面倒くさいことが好きなギタリスト」は宇宙で私だけだと思います。

是非ご利用下さい。

ただ・・・私も生身の46歳の人間、寿命もあれば、時間も限られていますし、お金にも困っていません。だから、いつ「や〜めた!」って言うか分かりませんのでお急ぎ下さい。もちろん今は外出を控える独学ギタリストを救うために奮い立っています!今だけですよ。

まとめ

ギターの独学方法、リード・ギターとリズム・ギターを7ステップずつで練習して下さい。ご自身でできない方はトータル・ギター・メソッドをご利用下さい。

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain