ギタリストの悩み解決

大人のギタリストの「困った」を解決します。

【これでギターが上手くなる!】ギタリストの信念サイクル

どうせ自分なんて・・・

f:id:totalguitarmethod:20190912095949j:plain
「どうせ自分なんてそう簡単には上手くならないだろうなぁ」と思っちゃいますよね。お気持ちわかります。これ考え方一つですごく上達するサイクルが作れるんです。知りたいですよね。

心配無用です。

この記事を読んだら、ギターが上手くなるギタリストの信念サイクルが分かりますよ。

トータル・ギター・メソッドお客様の声

結論

ギタリストの信念サイクルは、次の4つのサイクルで構成されています。
まずはブリーフ、次にアクション、続いてレザルト、最後にフィール。そしてまた元のブリーフに戻るっというサイクルです。

トータル・ギター・メソッドのレビュー

ブリーフ

ブリーフというのは信念を意味します。自分が何を信じているかって意味ですね。「俺っていけるよな!」って信じるべきなんです。なぜならば次のアクションの大きさに影響するからです。「俺ってどうせダメだよな」って信じてたら小さなアクションが取れませんよね。

アクション

アクションとは行動という意味です。自分の信念を元に大きなアクションを取りましょう。

レザルト

レザルトとは結果という意味です。大きなアクションを取れば、大きなレザルトが待ってるのは明らかですよね。小さなアクションには小さなレザルト・・・当然のことです。

フィール

フィールとはどう感じるかという意味です。これってどんな結果でも「ほ〜ら、やっぱり!」って感じるんです。分かります?「自分っていける!」っていうブリーフを持ってて、大きなアクションを取って、大きな結果を得られたら「ほ~ら、やっぱり!」って思いますし、「自分なんてダメだよなぁ」というブリーフを持ってて、小さなアクションしか取らずに、小さな結果しか出なかったら「ほ~ら、やっぱり!」って思うんです。そしてそれが次のブリーフにつながるんです。

トータル・ギター・メソッド評判

まとめ

もうお分かりのように、このサイクルでがんがん上達していくには最初のブリーフをいい感じに持っておけばオーケーということになりますよね。根拠なんて不要です。

「自分って凄いよなぁ」

って思い込んでからがスタートです。

トータル・ギター・メソッドの口コミ

日本全国のギタリストの皆様!今年も頑張りましょう!

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain