ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギターアドリブのコツ7選!

ギターのアドリブ

f:id:totalguitarmethod:20191210153656j:plain

アドリブって難しいですよね。お気持ちわかります。

トータル・ギター・メソッド評判

心配無用です。

この記事を読んだら、ギターのアドリブのコツ7選!が分かりますよ。

1.リズム・ギターに合わせよう

当たり前のように聞こえるのですが、リズム・ギターに合わせずに適当にアドリブするギタリストって多いんですよね。リズム・ギターのパターンがどのようになってるかを考えて合わせて弾きましょう。もちろん「同じリズムで弾く」って意味じゃないですよ。意図的にリズムを外すことも「合わせる」という意味になります。

トータル・ギター・メソッドお客様の声

2.最小単位の音符でノル

自分が弾く最も細かい音符の単位、例えば16分音符とかでノリながら弾きましょう。大きく乗りながら細かい音符を弾くとマス目が荒いので雑な演奏になりますよ。

トータル・ギター・メソッドのレビュー

3.空間を入れよう

息継ぎをしなくていいのがギターのいいところですが、ずっと弾き続けると聞いてて窮屈です。所々空間を入れましょう。

トータル・ギター・メソッドの口コミ

4.弾かなきゃいけない音はない

音楽理論の学習をすると「ここでこの音を弾かなきゃ」という思いになってしまいます。そんな規則はないんです。「弾くとコードによりマッチする音」くらいで捉えておくことが大切です。

5.速く弾かなくていい

どうも多いんですよね。「速く弾くと上手くて、遅く弾くと下手」って考えてる人が・・・誰がいつ決めたんでしょうね。速く弾かなくていいんですよ。

6.盛り上がりは高音だけじゃない

アドリブを盛り上がるには高音をキュイ〜ンと鳴らす!って考えるギタリストの多いこと・・・それだけだと毎回同じアドリブになっちゃいますよね。低域でも盛り上がれますよ。

7.1拍目から弾き始めない

自分にアドリブの番が回ってきたら「よし!来た!」って感じで1拍目の頭から弾き始める人多いんです。これはお子ちゃまの行為ですので、せめて2拍目から入るくらいの余裕を持ちましょう。

まとめ

トータル・ギター・メソッドでは毎日フェイスブック・レッスンを実施しています。そして曜日ごとにテーマを変えてワンポイント・レッスンをしています。日曜日は「アドリブ」についてのワンポイント・レッスンです。このレッスンを聞いた後にそこから派生する新たな質問をガンガンすることによってたくさんの知識を見つけて頂けます。是非、ご利用ください。

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain2021年のアドリブ集中講座は開催を見合わせていましたが、夏に開催予定です。詳細希望の方は「アドリブ詳細希望」とメール下さい。asiansoundinternational(アットマーク)gmail.com

P.S.アコギ始める方へ。最初は以下のようなもので十分です。