ギタリストの悩み解決

大人のギタリストの「困った」を解決します。

音楽家にとって大切な夏と冬の2日

夏と冬

f:id:totalguitarmethod:20201012094813j:plain

音楽家にとってすごく大切な夏の1日と冬の1日があるんです。バークリー音大に入って教わったことです。知りたいですか?

トータル・ギター・メソッド評判

心配無用です。

この記事を読んだら、音楽家にとってすごく大切な夏の1日と冬の1日が分かりますよ。

結論

音楽家にとってすごく大切な夏の1日と冬の1日は

「夏の終わりの1日と年の終わりの1日」

トータル・ギター・メソッドお客様の声

アメリカの学校の始まり

アメリカの学校の新年度は9月からスタートです。夏の終わりの1日で「新年度はこのように頑張ろう!」というのを決め込んじゃうんです。そして、年末に「来年はこのように頑張ろう!」ときめ込んじゃうんです。

あっそ・・・そりゃ日本と違うだろうからね・・・だから?

って思うじゃないですか?私もそう思ってました。でも、これが意外と「効く」んです。

日本では

日本では1月に新年が始まって「よっしゃ!」って気分になって、2月、3月にやる気無くして、4月の新年度に「よし、もう一回リスタート!」ってやり直す感じですよね。つまり、勢いよくアクセルを踏んで猛スピードで突っ込んで、減速した時にもう一度、アクセルを踏み直す感じ・・・この1月がデカくて、4月がやり直しってノリがイマイチ本気モードにならないスケジューリングなんですよね。

でも、アメリカだと9月にアクセルを踏んで、4ヶ月経ってから新年を迎えるのでここで本気でアクセルを踏み直す感じなので「効く」んです。

具体的な応用方法

私が東京で運営するプロ・ギタリストの育成機関であるISMギタリスト養成所では8月にスパルタ集中講座として10時間のマンツーマンを行います。わざわざ8月にやってるのはお盆休みがあるからじゃないんです。芸術の秋に備えてるわけでもないんです。このアメリカンな新年度に備えるためのものなんです。そして、年末年始に実施している「5分刻みの総復習」とセットにすることで、翌年に飛躍的な前進をしてもらうという魂胆です。

まとめ

8月に10時間(5時間を2日)私とマンツーマンです。お察しの通り少し高額になってしまいますので、ご無理なさらないでください。本気の人限定にするために割引などは一切しないのが弊社の方針です。予約方法などは「2021スパルタ詳細希望」とメールしてください。asiansoundinternational(アットマーク)gmail.com

プロ志向の方限定ですが、ISM門下生、TGM会員様、一般の方全てお申し込み頂けます。当然ながらISM、TGM、一般の順に料金も異なります。毎年、数ヶ月前にこの記事を書いてますので埋まり具合と辻褄合うかは書いてる私も不明です。HP確認してください。

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain