ギタリストの悩み解決

大人のギタリストの「困った」を解決します。

ロクリアンとは・・・モードについて【ギタリスト必見】

エオリアン

f:id:totalguitarmethod:20210817141032p:plain

ギターで演奏するスケールにはモードというのが7つあります。

  1. アイオニアン
  2. ドリアン
  3. フリジアン
  4. リディアン
  5. ミクソリディアン
  6. エオリアン
  7. ロクリアン

です。

今日はそのうちの7番目のモードである「ロクリアン」を紹介します

トータル・ギター・メソッドお客様の声

Aロクリアンの構成音

私たちトータル・ギター・メソッド・カンパニーはモードを勉強するときにAを基準に考えます。なぜ?別に理由なんてないです。なんかに決めといたら楽だから・・・くらいに考えておいて下さい。

Aロクリアンの構成音は

AB♭CDE♭FG

です。

トーナル・センター・オブ・ザ・キー

トーナル・センター・オブ・ザ・キーという長い文章があります。これは早い話が「何メジャー・スケールと同じか」って意味です。

上記のAロクリアンはB♭メジャー・スケールの構成音「B♭CDE♭FGA」と同じです。だから「Aロクリアンのトーナル・センター・オブ・ザ・キーはB♭」となります。

メジャー・モード

7つのモードにはメジャー・モードとマイナー・モードの2種類があるんです。3番目の音がメジャーかマイナーかで決まるんです。ロクリアンはディミニッシュ・クオリティのスケールとしてどちらにも属さないと考えるのがバークリー流なので、TGMでも同じように考えるのですが、この記事はお金をもらって書いてる訳ではないので適当に3番目Cの音がAとマイナー・サードの関係なのでマイナー・モードってことにしちゃいます。便宜上ね。

トータル・ギター・メソッド評判

特性音

7つのモードにはそれぞれ特徴的な音があります。これを「特性音」と言います。

その特性音の見つけ方は、マイナー・モードはナチュラル・マイナー・スケールと比較して違いを探すだけです。

Aマイナー・スケールはABCDEFG

AロクリアンはAB♭CDE♭FG

なので♭2のB♭と♭5のE♭が特性音になるってことにこの記事ではしちゃいます。

トータル・ギター・メソッドの口コミ

弾き方

スタイル別にモードのアドリブ演奏のコツは様々なのですが、まずはご自身が「AロクリアンとB♭メジャー・スケールは同じなんだ!♭2のB♭と♭5のE♭が特徴なんだ!」と弾きながら考えられればオーケーです。詳しくはシルバーウィークの「モード集中講座」でお話します。

トータル・ギター・メソッドのレビュー

コード進行

モード関連の書籍はいくつか出し、コード進行の作り方も書きましたが、最も簡単なコード進行は以下です。理由は省略しますが会員様は分からなければ質問して下さい。

Am7(♭5) E♭/B♭

各1小節ずつ弾いて繰り返し、その上にアドリブを弾くと良いですよ。

まとめ

この記事を書いた理由は毎年のシルバーウィークのモード集中講座の時に、準備不足で時間かかっちゃう人が多いからなんです。サッと情報ゲットして、サラッと練習して、グンッと上達してもらいたいので現段階で分からないことがあれば質問スレッドで聞いて下さい。

動画で代表の津本幸司がちょっとしたアドリブのコツも含めて説明しています。

現段階(2021年8月18日)

f:id:totalguitarmethod:20210818085318p:plain
トータル・ギター・メソッド・カンパニー

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain