音楽家の暗号資産

暗号資産の「困った」を解決します。

音楽家のトラストレス準備【死に向けて】

トラストレス

さすがに見せられん

やっと完成しました。私が作ってたのは私の死亡証明がなくても、たとえボケ老人で生き続けたとしても、時間が経てば自動的に妻や娘や彼女や愛人や慈善団体や赤十字や児童養護施設に私の暗号資産が分配されるシステムです。(上記に2つウソがあります)webブラウザがあればコンピュータでもスマホでも簡単に操作できます。資産を残したいお父様・お母様はシステムをインプラントしますのでご相談下さい。

意味不明

こうやって説明しても意味不明ですよね?まずトラストレスという考え方を知って下さい。普通は死ぬと銀行口座などは完全にロックされて凄い複雑な手続きが必要です。私も過去に身内が何名も亡くなりましたが、毎回面倒くさいです。しかも三菱UFJ信託銀行とかチャンスとばかりに電話攻撃してきます。遺産受け取ったらすぐ解約しました。とにかくどこかの金融機関を信用(トラスト)するのが時代遅れなんです。自動的に信用いらず(トラストレス)で遺産は分配すべきです。

法律

遺産相続・生前贈与・よく分からん申告などたくさんあるので誰かに一括管理してもらった方が楽・・・という発想になるんです。これをあらかじめブロックチェーンでスマートコントラクトを組んでおけば「違法な生前贈与はしてない」「合法」「無税の範囲内」という証拠が永久に残ります。

暗号資産の価格

暗号資産の価格が変わるから無税の範囲ってのも難しいと思いますよね。でも、それも「この価格になったらこれだけ贈与する」と決めておけば安全です。

準備

さあ、準備しましょう。まずは基礎知識が必要です。Etherというイーサリアム上の暗号資産で考えます。数十万円くらいのデカい単位なので最小単位のweiで考えます。Etherのマイナス18乗です。算数が苦手な方はこういうことです。

0.000000000000000001Etherが1weiです。

そしてお金の計算はプラスの数字だけ使います。これ当たり前と思うでしょ?これが違うんです。私達は普通マイナスの数字も使ってるんです。「残高がマイナス」とか言うでしょ?そういうのを排除します。インテジャーとの通常は使うのですが、それはマイナスも含むのでアンサインド・インテジャーというのを私達Crypto触る人はメインに使います。±の符号(サイン)が付かない数字(インテジャー)、つまりプラスだけという意味です。そして私達は日常生活で十進法を使い、コンピューターで二進法を使っていますが、十六進法で考えます。256ビット、つまり64文字を中心に扱います。そして英語圏ではなく全角文字を使う私達日本人は特に注意が必要です。
kojitsumotoだと700af4fc79c26a7a71f62d08e57fe1253c2d2cf0add93cecda53be4e7cc6417b
津本幸司だと
e2d2c1384bf8e04796c9afbdd8bebeee0ca65564864138dc05792c5860beb688
みたいに変わるからです。

あと時間は1970年1月1日からどのくらい経過したかで考えます。unix time stampと言います。

はい!まとめ

上記をさ〜っと読み飛ばしたでしょ?それがダメな準備の例です。分からない単語をググりまくった方は「準備できる人」です。結局はリテラシーが物を言うんです。読み飛ばしたアタナは「自分には無理」「誰かに任せよう」としてませんか?学んでる人達と差が開いてますよ。急げ!

もしくは準備できてる人にべったりくっつくのもありです。相手が嫌がらなければね。

津本幸司

私にべったりくっついてきてくれる人は以下をお求め下さい。

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain

高速で時代に乗っかる音楽家は以下に無料でお入り下さい。