音楽家の暗号資産

暗号資産の「困った」を解決します。

なぜ音楽家のための投資トレードセミナー?

音楽家

私がバークリーで指導していた時にサマースクールというのが開催されました。12週間誰でも参加できる、言わばバークリーを体験しよう!という企画です。インターンの大学版と考えて下さい。アメリカではこれを「キャンプ」と呼びます。参加資格は高校生以上です。入学を考えている高校生はもちろんのこと、引退したおじいちゃんおばあちゃんも参加しています。私が2年連続で受けもったクラスに最も多い職業が現役の投資家やトレーダーでした。30〜50代の幅広い年齢層でした。どちらかというとそういう人達を受け持てるのは私しかいないので学科長が集めのだと思います。わざわざウォールストリートの会社からお休みを3ヶ月とって音楽に集中するんです。なぜそんなことすると思います?私のギターの師匠であるジョン・フィンはおっしゃいました。

「彼らはお金に余裕があるから時間を趣味に使えるんだろうね」

思わず

「あのなぁ!オマエ頭おかしいんか!」

と叫びそうになりましたが、

「師匠、そのお考えに反論してもいいでしょうか・・・」

と言いましたw

投資家達

投資家達が最も欲するものは「音楽家の脳」なんです。投資には思考と直感と感性のバランスが必要です。日々数字ばかりを追いかけていると「右脳」を鍛えることがおろそかになるんです。だから、ウォールストリートの投資会社側がわざわざ敏腕社員に休みとお金を与えてバークリーに行かせるんです。みんな学生時代にちょろっと楽器を触ったことがある程度の人達です。それでも必死で音楽教育を受けます。右脳は鍛えるんです。私が指導に関わった投資家達は音楽によって右脳を鍛えようとした「正統派」ですが、実はウォールストリートのトレーダーの多くが手っ取り早い方法としてドラッグに手を出します。彼らは言ってました「音楽家の人達は羨ましいよなぁ。俺たちのトラブルが回避できるんだもん・・・」それだけ音楽脳、右脳は得ることが難しく、エリート達が羨むものなんです。

お気付きの通り

お気付きだと思いますが、「じゃあ音楽家の自分達は投資やトレードの理念と手法さえ知ってしまえば簡単にマスターできるってこと?」になりますよね?毎年言っていますがその通りなんです。はっきり言って音楽家の方達は投資やトレードの最も難しい部分をクリアしてる珍しい人種なんです。「その人達集めて投資トレードの理念と手法を教えるなんてやり方汚いぞ!」としばしば言われます。例えるなら、美男・美女限定の婚活相談会を開催して「成婚率100%」を謳うようなもんです。なんとなく分かりますか?

逆に

どちらかというと「なんで皆やらないのかな?」といつも思ってます。証拠が出揃ってるのに・・・。でもお気持ち分かります。やるのも簡単ですが、やらないのも簡単なんです。新しいことを始めるよりも、昨日と同じ生活をする方が脳が楽なんです。背伸びしたら届く場所にあるのに、座ったままの方が楽なんです。言われたことをハイハイと受け身で生きてる方が楽なんです。

一つだけ

一つだけ怖がらせるようなことを言うとあなたのご子息も同じ道を歩むんですよ。20年以上前から私の個人な方針は、自分の子供には幼少から音楽を楽しませて、心理を勉強させて、経済的に自立した大人にならせてあげた方がいいと思ってました。

まとめ

やっと日本でも今年から高校で金融教育が始まりました。平成までの教育を受けてしまった人は今こそ金融教養をダッシュで身に付けるべきです。マイナスに作用することは絶対にないと断言できます。

津本幸司

お知らせ

開催するかどうかは明日11月25日に決定します。投資トレードセミナーは音楽家の方限定です。初心者の方でも立派な音楽家です。ただし、今年も10名限定(執筆時)で行います。すぐに「1月先行情報希望お名前」はメールして下さい。

asiansoundinternational(アットマーク)gmail.com

よく考えてから参加したい方・・・参加しなくて結構です。不向きです。そしてその行動の遅さは感染力を持ちますので、来ないで下さい。すぐに行動できる人達だけで集まりましょう。集団集中力でスーパーパワーの輪を作りましょう。