ギタリストの悩み解決

大人のギタリストの「困った」を解決します。

【プロ・アマ問わず!】ギタリストが能力を最大限に発揮できない理由

音楽能力の開花

1970年代生まれの私の時代はプロ・ギタリストとアマチュア・ギタリストの違いが明確でしたが、今の時代プロもアマチュアも境目がない時代です。必死で5千円を稼ぐプロ・ギタリストもいれば、YouTube広告収入を稼ぎまくるアマチュアもいます。でも「自分だけはどうも能力最大限に発揮できない・・・」と悩むギタリストが多いんです。多数の相談を受けています。

心配無用です。

この記事を読んだら、ギタリストが能力を最大限に発揮できない理由が分かりますよ。

結論

欲求の階層の下部が満たされてないから。
以上です。

欲求は5つ

マズローの5段階欲求はご存知の通りです。ピラミッドのように以下のようになります。下から生理的欲求、安全欲求、社会的欲求、承認欲求、自己実現欲求ですね。

f:id:totalguitarmethod:20211102115137j:plain

漢字間違えた・・・I am Kikoku-Shijo

簡単に説明

生理的欲求は最初に満たされるべきものです。食欲か睡眠欲とか。これが満たされてないと頭の中こればっかりになって音楽能力になんて頭が行きません。今の時代飢えることはありませんが、仕事が忙しくて寝不足とか、ストレスで眠れないとか、便秘とかは最初になんとかするべきです。

安全欲求は日本人ならまぁなんとかなってるものでしょう。いきなりテロが起こることにおびえながら生活してる人はいないでしょう。でも、「より安全を求める」性質があるので、もっと健康に、もっと経済的に安定を・・・と不安を抱えてるとヤバいです。もちろん、借金やローンや将来に不安を感じてる人はまずこの2段階目をなんとかすべきです。

社会的欲求は仲間を求める欲求ですので、所属している会社なり学校なりがあればなんとかなるでしょう。

承認欲求は自分の個性が評価されたいってことですので、今の時代ならSNSでちょろっと弾いて「イイネ」が2,3個来れば満たされるでしょう。でも、この数を他の人と比較しちゃうとヤバいスパイラルに陥り、この承認欲求段階がいつまで経っても満たされない状態になるんです。だからその次の階層に上れない・・・。

最後の自己実現欲求は上記4つが満たされたら欲しくなるものです。自分の能力を最大限に発揮する努力に集中できるんです。

4段階目までをクリアしておく

つまり5段階目をクリアするためには4段階目までをクリアしておかないといけないんですよね。4段階目までがクリアできてない理由って能力でも環境でもなんでもないんです。単純にタイム・マネージメントの問題なんです。「タイム・マネージメント」と聞くとスケジューリングだと勘違いしたり、時短テクニックだと勘違いしたりします。(過去の生徒でいました「僕のタイム・マネージメントについてご相談です、朝からこれやって、あれやって、その次これやって・・・どうでしょうか?」ってそれはただの「1日の予定表」ねww工事現場のおっさんでもやってるわ)そうじゃなくて、自分の今の年齢、時期、季節、週、日、時間、分をどの階層をどのように満たすためにどう効率的に生産性を高めるかを計画的に管理しなきゃいけないんです。これをやるのが3月のタイム・マネージメント・セミナーです。(この記事公開時に空きがあるかどうかは不明です。スタッフがその文字にリンクを張ってたら空きがあるってことです。)

実はもう一段階ある

上記の5段階の表の上に赤い○があるのが分かりますか?これがですねぇ・・・自己超越の段階なんです。4段階目までは「欠乏欲求」といって、なかったらヤバいものを求めるって感じです。5段階目の自己実現欲求からが「成長欲求」です。これができると今の自分を超越しようとガンガンいけるんです。ハーバードのエリート学生がアスリートにでも、ミュージシャンにでも、官僚でも、俳優でもなれるのはこの自己超越の段階に早い時期に来れてるからなんですよね。一つを極めた人が他のことでも一流になるのもこの自己超越段階にいるからです。現在進行形で一つの職業を極めた人が自己超越段階として音楽に携わる人をたくさん見ています。

まとめ

大人のギタリスト達よ!まずは欠乏欲求の4段階をクリアして準備しておいて下さい。5段階目のみ私が全力でサポートしますから!

ちなみに2段階目までは物質的欲求なので、向こう数ヶ月以内にクリアしておいて下さい。効率的な方法はタイム・マネージメント・セミナーにて。

本日も元気にいってらっしゃいませ!

津本幸司