ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギタリストの生活衛生術

ギタリスト=人間

私達ギタリストも人間ですので、生活していかなくてはいけません。衛生的に健康的に生活したいもんです・・・特に私達ミドルエイジ〜シニアのギタリストは20代のような生活してたら死んじゃうかもしれません!怖・・・。

心配無用です。

この記事を読んだら、ギタリストの生活衛生術が分かりますよ。

はじめに

私はこの手のことは専門家ではありませんので、常に各分野の国内トップの専門家に指導頂いています。その専門家の指導のもと、私がどのような生活衛生術を実践してるかご紹介しますので、参考までに。

ホコリの徹底排除をしています。「ダニ、ゴキブリ、ネズミに餌ばらまいて温床作ってどうすんねん!」と思いながら掃除してます。

トイレ

トイレはビニール手袋をして入ります。これは不潔だからではなくて、1回使用した後に便器の裏側までトイレットペーパーを使って「手で」掃除するためです。トイレ掃除用のブラシなんかは放置すると菌が繁殖するので使いません。ビニール手袋は裏返して口を縛って燃えるゴミに捨てます。

タオル

タオルは3枚しか持っていません。セブンで売ってる3枚300円のタオルです。購入したら1回目洗濯してお風呂上がり体用。2回目洗濯後は家具掃除用。3回目洗濯後は床掃除用・・・そして廃棄。十分、タオルさんの人生を使い切ってると思います。手や顔はペーパータオルです。

石けん

石けんを使います。「石けん」です。あなた「石けん」使ってないでしょ?それ「合成洗剤」じゃないですか?「ラウレス硫酸ナトリウムとかアルキルエーテル硫酸エステルナトリウムとか意味不明なモノ体に塗りつけてどうすんねん!」と、思いながら完全に無添加の石けんしか使わないようにしています。使ってるのはこれです手洗いだけじゃないですよ。体もこれです。髪の毛もこれです。

歯磨き

歯医者の友達から糸ようじ、歯間ブラシが配給(笑)されるのでそれで毎食後汚れを取り除いてから「石けん」で歯磨きします。化学物質だらけの歯磨き粉を使える権利は歯医者さんにしかないと思っています。月1回は歯医者さんにクリーニングに行くので、普段は結構適当ぉ〜に磨いてるんですが虫歯ゼロで奥歯まで完璧真っ白です。使ってるのはこれです。

寝具

シーツなどは毎日洗濯します。パンツよりも汗を吸い込んでるんですよ。

メイク

メイクらしいメイクをするのではなくて、ステージ照明のテカリを抑えるために塗るだけです。アクセーヌという「化粧=肌の敵」と考える会社の製品を使ってます。「キレイに見せようとしてるプロセスで本質的に汚くしてどうすんねん!」と思いながら、これしか使わないようにしています。

メイク落とし

市販のメイク落としは科学物質だらけ。「余分なモノを落とすのに余分なモノ使ってどうすんねん!」と思いながら、エゴマオイルを使ってます。(ちなみに食べるのもこれです。サラダ油なんて厳禁!)

まとめ

別にたいしたことしてないんです。私達ギタリストはアホですので、化学物質の善し悪しを見抜けないのでヤバそうなのは使わない・・・それだけです。

ちなみに消毒用アルコールは78%のものを30リットル常備してます(やり過ぎw)

参考になれば。

トータル・ギター・メソッドには多くの各分野の専門家の方が会員様としていらっしゃいます。私が付いてる専門家と同分野で異なる意見をお持ちの方もいらっしゃると思いますので、遠慮なく指摘して下さい。)

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain