ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

「M専用」難解フレーズ3選!【夏にオススメ】2020年

難解フレーズ

難しいフレーズを見ると「よっしゃ!なんとしてでも極めてやる!」と、思えるストイックなギタリスト・・・でした、若い頃は・・・そんなギタリスト今の時代いるんでしょうか?いて欲しいです。そんなギタリストがいると願って、そんなギタリストのためにこの夏極めるべき難解なフレーズを3つ紹介します。

難解フレーズ①メカニカル・ハーモニック・マイナー

f:id:totalguitarmethod:20200714121106p:plain

このフレーズはAハーモニック・マイナーをメカニカルに下降するものです。タブ譜を追うだけだと応用が利かないのはご承知の通りです。高速で弾きながら、どの音が7番目の音かを把握する必要があります。それができるようになれば全ポジション、全キーでマスター可能ですよ。

難解フレーズ②低音ハーモニック・マイナー

f:id:totalguitarmethod:20200714121117p:plain
Aハーモニック・マイナーのフレーズです。低音でハーモニック・マイナーを弾くと手が届かない・・・という問題が起こります。「知るか!練習あるのみ!」と思えるギタリスト用のフレーズです。(ただ痛みを感じるまで練習してはいけませんよ。)オススメの練習方法は一度Aナチュラル・マイナーに直して(G#をGにして)弾きこんでから、Aハーモニック・マイナーにする方法です。(ちなみに、トータル・ギター・メソッド本編では自動的にそのように練習するようにプログラムしています。)

難解フレーズ③あちこちのペンタトニック

f:id:totalguitarmethod:20200714121131p:plain
これはエリック・ジョンソンの曲《Zap》のイントロを参考にまとめたフレーズです。私も自分のアルバムで使っていますがまぁグチャグチャになりやすいこと・・・苦笑。区切りにくい、ピッキングしにくい、抑揚付けにくい、スライドしにくい、プリングのタイミング合わせにくい・・・ストイックなMなギタリストは「半笑い」になると思いますよ。私もそんな感じでした。

上記3選は

上記3選はトータル・ギター・メソッド「アドバンス・フレーズ編」のD051、D088、B092の内容からほんの少しを抜粋したものです。トータル・ギター・メソッド「アドバンス・フレーズ編」ではお手本の動画も容易しています。このアドバンス・フレーズ編には難解なフレーズが100コンテンツ含まれていますが、トータル・ギター・メソッド「ブルース・ロック・フレーズ編」および「ジャズ・フレーズ編」を学んだ後に手を付けて頂きたいと考えています。これだけやると「凄いことができるようになった気になる」んです。身になってないのって困りますものね。だから書籍のサンプルとしてこの「アドバンス・フレーズ編」は発売しないことにしました。上級者の方、Mな方wwは「ブルース・ロック・フレーズ編」および「ジャズ・フレーズ編」を極めたら「アドバンス・フレーズ編に手が出せる!」と思って練習頑張って下さい。是非、まだトータル・ギター・メソッドをお持ちじゃない方は、置いてけぼりになる前にお早めにお求め下さい。

まとめ

難解フレーズ3選!【夏にオススメ】2020年
ストイックなギタリストが増えますように♫

質問はいつでもトータル・ギター・メソッドのフェイスブック・レッスンの質問スレッドからお待ちしています!

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain