ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギターのピックの交換時期

どこまですり減ったら交換すればいいのでしょうか?

多少すり減った方が弾きやすい気もするし・・・分からないですよね。

f:id:totalguitarmethod:20180322162059j:plain

心配無用です。

この記事を読んだらいつピックを交換すればいいか分かりますよ。

結論

トータル・ギター・メソッドでは以下のように推奨しています。

  • リード演奏時は少しでも欠けたらすぐ交換。
  • コード演奏時は1㎜削れたら交換。

リードの場合

リード演奏といっても、ジャズ・フュージョンのような繊細なリードもあれば、荒々しいブルースのリードもあります。

繊細なリード演奏をするギタリストは、爪で擦って欠けた感触があればすぐ交換する方が良いでしょう。

荒々しいブルースを弾く時は使い続けても問題ないでしょう。

コードの場合

パワーコードでそこまで削れることはありませんが、ストロークやカッティングが続く曲では5分ほどで削れてしまいます。頻繁に交換するのは経済的ではないでしょう。しかし、1㎜削れている状態は「かなり」磨り減っている状態であり、技術的に支障をきたす分岐点となるでしょう。

ポール・ギルバートは

少し脱線しますが、知り合いのポール・ギルバートは私が捨てるピックを見て「これだったらまだレコーディングで使えるよ」と言っていました。私はポールが使っているピックを借りて「これでは家でコードすら弾けない」と言いました。私が未熟なだけかもしれませんが、奏者によって変わることもあるようです。

ちなみに私は

私は1年間に1500枚使います。1枚100円と考えても15万円・・・とんでもない出費です。当然私達プロにはスポンサーが付いているので出費はありません。

f:id:totalguitarmethod:20180322161901j:plain

では、アマチュアの方はどうすればいいのでしょうか?

解決策

ステージ別(段階別)に使い分けるんです。

  1. 繊細演奏ステージ:最初に繊細なリードを演奏用に新しいピックを下ろします。
  2. ブルージー・ステージ:それが少し欠けたらブルージーな演奏用に回します。
  3. リズムギター・ステージ:少し削れてきたらパワーコードなどのリズムギター用に回します。
  4. カッティング・ステージ:さらに削れてきたらカッティング用に回します。

これで1枚のピックが無駄なく使えます。

f:id:totalguitarmethod:20180322161744j:plain

まとめ

  • リード演奏時は少しでも欠けたらすぐ交換。
  • コード演奏時は1㎜削れたら交換。

これを基準にステージ別に使い分けましょう。

  1. 繊細演奏ステージ
  2. ブルージー・ステージ
  3. リズムギター・ステージ
  4. カッティング・ステージ

ヒントになれば幸いです。

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190606141414p:plain