ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

後悔しないギターのピック選び

ピック選び

いろんなピックが売っていますね。どんなピックを選ぶべきなねでしょうか?楽器屋さんで聞いてもあ〜でもないこ〜でもないと言われ、友達に聞いてもイマイチよくわからなく、ちょっと詳しい人に聞くと海外アーティストはこれを使ってる、このギタリストはこれを使ってるなどの知識自慢が始まっちゃって困りますよね。お気持ちわかります。

トータル・ギター・メソッド評判

心配無用です。

この記事を読んだら、後悔しないギターのピック選びが身に付きますよ。

初心者がアコギを弾く場合 

 初心者がアコギを弾く場合は三角のピックがいいでしょう。三角と言っても正三角形ではなく、先っちょがちょっととんがってます。上記のフェンダーのような形状ならいいでしょうね。

厚みも薄いTHIN、厚いTHICKなどがあるのですがどちらでもない中間のMEDIUMがいいと思います。どうせこの先好みも変わりますし、こちらからではご自身の体格や使用楽器や弦のゲージが分からないのでまずはスタートとして。

トータル・ギター・メソッドお客様の声

初心者がエレクトリック・ギター(エレキ)を弾く場合

初心者がエレクトリック・ギターを弾く場合はティアドロップという形状がおすすめです。涙が落ちた形をひっくり返した形状になってます。上記の写真のようなピックです。エレクトリック・ギターを弾く場合はピックの先が命なんです。とんがってる方がピックの先のコントロールがしやすいんですよね。まるまった鉛筆と削って尖った鉛筆とのどちらが書きやすいか考えるとわかると思います。

特殊な中上級者が速弾きやジャズをやる場合

「自分はフルアコでジャズしかやらない!」「自分はストラトで速弾きしかしない!」「メタルのリードしか弾かない!」という専門職をお持ちのギタリストは上記のようなジャズピックをお使いになってもいいと思います。

ただ、初心者の方が「憧れのギタリストがこのJAZZIII(ジャズスリー)を使ってるからこれにしよ〜っと」と使うのは間違いです。確実に下手になります。

全員におすすめできるピック

なんとか初心者から上級者まで、アコギからエレキまで、技術や得意分野を問わず使えるピックが開発できないかと数年かけて完成したのがトータル・ギター・メソッドのピックです。リード用とカッティングなどのストローク用があります。

リード用は塩化ビニール

f:id:totalguitarmethod:20210303075441j:plain

リード用

カッティング用はポリアセタールの素材でできています。

f:id:totalguitarmethod:20210303075509j:plain

カッティング用

お試し頂いてからお求め頂くのが良いので全員に無料で1枚ずつ差し上げています。いつでも「ピックサンプル希望」と事務局にメールください。(もちろんトータル・ギター・メソッドの本編をお持ちの会員様限定です。)

まとめ

で、ですね・・・実は

何を使うか・・・よりも

どう使うか・・・なんですよね。

どう使うかが分からずにどれ使っても空回りです。

年に1回、毎年4月のピッキング集中講座・・・

この講座は2時間でギター人生を左右するピッキングを徹底指導します。

この記事が公開になった時に空きがあるかどうかは不明ですが、

「4月詳細希望」

とメールしてください。asiansoundinternational(アットマーク)gmail.com

 

と、記事を書いた時は空きがありましたが、投稿の2021/03/24現在で既に満席です。

来年をお待ち下さい。

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain