ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギターが下手になる余暇の過ごし方

ギタリストの余暇

f:id:totalguitarmethod:20200928100640j:plain
私は東京でISMギタリスト養成所というプロギタリスト育成所を運営しています。ギターが下手になる余暇の過ごし方をしていた生徒がいました。先月「考え方を改めてから戻ってくるように」と、一時退会させました。もちろん、この記事に書くことは、その生徒の了解は得ています。

そして多くの人がやってしまってるんです・・・心配ですよね。

トータル・ギター・メソッドの評判

心配無用です。

この記事を読んだら、ギターが下手になる余暇の過ごし方が分かりますよ。

結論

ギターが下手になる余暇の過ごし方は、YouTubeなどの動画で「フィルターを通したノウハウ」を集めることです。

実例

その生徒は暇ができると、自分が向上するための動画を検索して観ていたんです。そして

「あのギタリストは1万時間練習しても無駄だって言ってた」

「あのギタリストはペンタトニック・スケールだけ速弾きしておけばオーケーだと言ってた」

「あのギタリストは音楽理論は必要ないと言ってた」

「中田敦彦がこう言ってた」

「メンタリストのダイゴがこう言ってた」

「ホリエモンがこう言ってた」

「最近はSNSでこう考えるのが主流だ」

・・・これのオンパレードでした。

こんな他人のフィルターを通したノウハウを集めても全く意味がありません。

「考える」というメイン・ステップが飛ばされてるからです。

例えば

一例を挙げるなら中田敦彦さんがやってる本を読んでまとめてから動画にするっていうのはエンターテイメントとしては最高ですし、おしゃべりは天才的です。大いに楽しんだら良いと思います。ただし!学習として見るのはちょい危険。それはあの方のフィルターが掛かってるから。あの人が「考えた」その本にあるノウハウの解釈なんです。ちょっと、批判すると、投資やトレードの書籍に対する解釈は、バイリンガルで日米で電話取引の頃から投資やトレードをやってきてる私からしたら、かなり間違った解釈だと思います。音楽史や絵画や芸術の動画なんて、バークリー音楽大学首席、藝大大学院を出ている私からしてみたら「あ、そう思っちゃうのも無理もないかぁ」と失笑ものです。そう考えると自分の専門分野以外もこのレベルの解釈なんだと怖くなってしまいます。ただ、あの方はエンターテイメント目的でやってらっしゃるのでなんら悪くありませんし、視聴者さんが動画を観るのが悪いことではなく、それを鵜呑みにするのがダメなんです。

そして何よりも、この手の情報を色々コレクションしてしまうのがメチャクチャ危険なんです。

自分で考える

参考になりそうなノウハウを見つけたら自分で本を読んで自分で考えてみる。これをしなくてはいけません。100個の他人のフィルターをを通したノウハウを知るより、1つのノウハウを自分で考える方が財産になります。

まとめ

「余暇を有意義に使うなら100個の動画より、1つの書籍の方がいいと思いますよ。それに同意できるようになったらいつでも戻ってきて下さい」

とその生徒さんに退会して頂きました。いち早くカムバックすることを願っています。

プロの世界は厳しいんです。耐えられる方は「ISMギタリスト養成所」へ。

津本幸司

プロ志向でない方は多いに楽しんじゃいましょ!トータル・ギター・メソッド教則メソッドでなはなくて、「ギター・ライフを謳歌するメソッド」なんですよ。

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain