ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

音楽家がプロとして活動する為の3つの呪文

プロ音楽家

f:id:totalguitarmethod:20200824104856j:plain

プロ音楽家とは音楽を奏でてお金を頂く仕事です。今時、音を聴くなんて無料でできる時代です、なのに自分が鳴らした音にお金を払って貰うんです。そう簡単なことではありません。でも、3つのことを呪文のように唱えて頭に叩き込んでおけばプロとして活動できます。

その3つのこと知りたいですよね。

トータル・ギター・メソッドお客様の声

心配無用です。

この記事を読んだら、音楽家がプロとして活動する為の3つの呪文が分かりますよ。

3つの呪文

  1. I can do it.
  2. We can achieve it.
  3. You will be happy.

1.I can do it.

1.I can do it.は分かるでしょう。「自分にはできる!」と信じないといけません。「お金を頂くだけの演奏ができるんだ!」この自信がない人は音楽家としてプロにはなれません。

2.We can achieve it.

2.We can achieve it. 「私達は達成できる!」という意味です。人称が複数になったのが分かるでしょうか。自分だけが達成するんじゃなくて、自分の周りの全ての人が「お金を頂くだけの演奏を達成できる!」と信じないといけません。これができないんですよね。どうしても自分本位になっちゃう・・・これってよく言う「テイカー」という付き合っちゃいけない人です。一人称複数形で達成に向かうんです。そうするとお金を頂くだけの音楽が作れます。

3.You will be happy.

3.You will be happy. 「あなたが幸せになる」という意味なのはお分かりの通りです。大切なのは二人称になってるということです。自分ができると信じて、自分を含む全員が達成できると信じて、その結果、相手が幸せになる・・・このように考える人の音楽って価値があると思いませんか?そう思って演奏している音楽家の演奏聴いてみたいと思いませんか?そしてお金を払う価値があると思いませんか?

悪い例

上記の3つの呪文を唱えずに音楽家がプロとして活動しようとすると・・・「自分にはできない」と自信喪失した状態になり、「周りの環境に恵まれない」と音楽仲間に責任転嫁するようになり、なんとかして「自分だけが得をしよう」としてしまいます。こんな人が演奏した音楽なんて聴きたいと思いませんよね。なのに、多いんですよね。「あれしたい!これしたい!これ弾きたい!これ好き!」と散々わがまま言ったあげく、最後に・・・「で、他人からお金を払って欲しい!」ってムチャクチャですよね(笑)

まとめ

音楽家がプロとして活動する為の3つの呪文・・・早い話が「自分が頑張って人が得する」ように考えておけばオーケーってことです。

プロを目指す音楽家を応援しています。

プロ志向ギタリストはこちら

プロ志向音楽家はこちら

私が提案する新しい在宅ギターライフの提案