音楽家専用ブログ

音楽家に役立つ記事を配信します

トータル・ギター・メソッドⓇが2500部売れた理由

トータル・ギター・メソッドⓇ

2019年発売のトータル・ギター・メソッドⓇが現時点で2500部お求め頂いたとのことです。たくさんのギタリストにご利用頂いていることを心から感謝すると同時に「まだ、これだけか」という思いは著者として捨てることができません。

昨年2023年頭に2000部販売してから1年弱掛けて500部しか伸びていないのは商売として私が未熟な点です・・・しかし、「誰でも簡単」「一週間で」「すぐに身に付く」「読み切ることができる」などのアホ相手の本を書くつもりはありませんし、そのような売り方もしませんので、ある意味、想定の範囲内と言えます。

売れた理由と売れない理由

売れた理由は当然、これほど全てを漏れなくダブりなく網羅しているギター教則本はよの中に存在しないからです。これが49,800円ですので、破格だと思います。

バークリーのギター教材を全部買って、全部に準拠する個人指導を受けてもここまで網羅することはできません。当然日本国内で販売されている教則本を全て買い漁っても不可能です。その日本で発売されているベストセラーを何冊も書いている私がいうので間違いないでしょう。

売れない理由は、難し過ぎるからです。もちろん難しい内容から開始しているわけではありませんが、超上級者、プロでも勉強になる項目まで網羅しているので、必ずどこかで「つまづき」ます。これはどの学問においても言えることでしょう。私自身イーサリアムというインフラを勉強していて、いまだに「つまづいて」いる部分があります。

つまづいた人の心

この「つまづき」を自分のせいと捉えるのは非常に苦痛です。自分の存在意義まで揺らいでしまうからです。その時にどういう行動にでるかというと「この教則メソッドが悪い」という証拠を探すのです。そして、もしそんな証拠が見つからないなら自分で悪口を言いまくることで、「自分は悪くない」「自分が馬鹿じゃない」「悪いのはトータル・ギター・メソッドⓇだ」と思い込むことで、自分の心を穏やかに保つことができるのです。

賞賛者

トータル・ギター・メソッドⓇを賞賛するのではなく、上記のつまづきを擁護する発言を賞賛する人が集うことになり、悪口サイトでも書かれることになります。これは世の中の常です。

あなた次第

3つの道があります。

  1. つまづいても続ける
  2. つまづいたら自分のせいと思う
  3. つまづいたら保身のために悪口を言う集団に属す

まとめ

まずは以下から始めてください。

つまづきそうになった私に直接質問出来るフェイスブック・レッスンも用意していますので、ご利用くださいね。

トータル・ギター・メソッドⓇ

津本幸司