音楽家専用ブログ

音楽家に役立つ記事を配信します

【多忙音楽家はヤバい】死と時間の勘違い

勘違い

時は金なり、Time is money・・・今の時代こんな考え方の人はいないでしょう。

忙しいのがカッコイイ・・・こんなバカもいないでしょう。

でも、時間が無い・・・と嘆く人は多いのです。

その理由

時間が無いと嘆く理由は、灰色の男に時間を売ってしまっているからです。

ご存知「モモ」です。

だけど、忘れてませんか?

気付かない

私自身今、「あ、そろそろ皮膚科行かないと」と思って時計を見ています。この時点で灰色の男に時間を売ってしまっているのです。そして自分でも気付いていないのです。

そもそも、そろそろ皮膚科に行かないといけない理由が、午後になると込むから朝の内に行っておこうと思ったのです。待ち時間を短縮しようと思っているのです。最悪の思考経路です。

ジジの苦悩が分からない

ジジ(有名になって夢を叶えた人)の苦悩が分からない人が、ジジのようになろうとしているのを毎日のように見ます。

あくせく時間を使って、働いて資金を集めては、ジジになる方法を探り続けてるのです。

ベッポの苦悩は知る必要ない

ゆっくり生きる人が周りからどのように見られているか・・そんなこと考えなくても大丈夫です。どうせベッポも気にしてないのですから。

時間じゃ無い

モモを時間の話と勘違いしてる人が多いのですが、実は「時間」じゃなくて「経済」なのは・・・わからんか。

例題

  • 「あの人は忙しい」と言うのが褒め言葉だと思っている理由を考えてください。
  • スマホの通知をチェックして奴隷のようになっている自分が「頼られている」と思い込んでいる理由を考えてください。
  • 時間が無いのは、自分が世の中に必要な存在だからと思い込まされたそもそものスタートがどこにあったか思い出してください。
  • 情けない労働をしている自分が「労働はカッコイイ」と思い込まされたのは誰の仕業だと思いますか?
  • その仕事を何十年も続けている理由が「本当に好きだから」なら、なぜ趣味で音楽やってるのでしょうか?

死と時間

そろそろ「死と時間」を親鸞聖人の観点抜きにして、自分で考える音楽家が出てきてもいいと思います。労働に追われて、好きな事をせずに野垂れ死ぬのが美徳なのですか?

私は、そんなのゴメンだと20歳の時に時間管理・人生管理を徹底する旨をコーチに誓いました。

まとめ

まずモモ読んでください。

 

そして、ご自身のお考えをお知らせください。

以下の本もついでに宜しくお願い致します。