ギタリストの悩み解決

大人のギタリストの「困った」を解決します。

スケールの弾き方の注意点3選!|ギター講座

スケールの弾き方

今回はスケールの弾き方の注意点を3点解説します。

f:id:totalguitarmethod:20220418130659p:plain

ディミニッシュ・スケール

まずこのスケールを見て下さい。このスケールはトータル・ギター・メソッドⓇに含まれています。トータル・ギター・メソッドⓇは12編で構成されており、スケールは「スケール編」に100コンテンツ用意しています。このスケールはその中の番号「S10.1」から抜粋したものです。実際のコンテンツは公開できませんので、ブログで公開できる範囲として少しだけ紹介しています。トータル・ギター・メソッドⓇ本編をお持ちの方は該当箇所をお読みになって、お手本動画を見て頂いてから以下の注意点をお読み頂くとより効果的に学習できるでしょう。

f:id:totalguitarmethod:20220418130947p:plain

注意点①指先を心臓に向けるのが基本

ギターの演奏では指先の方向を自分の体、つまり心臓がある方向に向けて弾くのが良いとされています。指先が体の外に向くようにして弾いてないか確認して下さい。

f:id:totalguitarmethod:20220418131158p:plain

この向きは良くない

f:id:totalguitarmethod:20220418131215p:plain

この向きが良い

注意点②オルタネイト vs エコノミー

オルタネイト・ピッキングとエコノミー・ピッキングはどちらにもメリットとデメリットがありますので、どちらかに限定する方がいいです。両方ごちゃ混ぜでやってしまうとデメリットの寄せ集めのようになってしまいます。オススメはオルタネイト・ピッキングをマスターしてからエコノミー・ピッキングに変える順です。

注意点③強弱と時間

ピッキングの深さが不安定だと強弱がバラバラになり、さらにピッキングしてから弦が振動するまでの時間がバラバラになりますので、結果的にリズムがずれることになります。オススメとしては先に浅いピッキングで揃えられるようにしてから、深いピッキングでも揃えられるようにすると良いでしょう。

まとめ

以上ギターのスケールの弾き方の注意点3選でした。動画でも説明していますので、以下をご覧下さい。

津本幸司

www.youtube.com演奏の注意点に関する他の記事はこちらからトータル・ギター・メソッドⓇ及びギター・メソッドⓇはエイジアンサウンド・インターナショナル・インコーポレーテッドの登録商標です。