ギタリストの悩み解決

大人のギタリストの「困った」を解決します。

【必須!】音楽家に必要な思考術!

音楽家の方へ

2022年6月11日エグゼクティブ・ギター・クラブにて

曲のメロディ演奏にも、アドリブ演奏するにも、音楽家にとって必要な思考術があるんです。これが出来なければいつまでたっても空回りです。

この記事では、4,50代の方にとっては意味不明なことで、文系の方には訳分からないことで、本質的にめちゃくちゃ難しいことを言いますので、読まないでください・・・と、言いたいのですが、今の理系20代が常識として使ってる思考術ですので頑張って追いついてください。

音楽家に必要な思考術

音楽家に必要な思考術は「オブジェクト指向」です。漢字間違えてません。「思考」じゃなくて「指向」です。

  • この時点で「あ!そういうことね!」と思った方は、分かりきったことを話しますので、これ以下は読まなくて大丈夫です。
  • この時点で「意味不明」と思った方は、以下を読んでも意味不明ですので、これ以下は読まなくて大丈夫です。
  • この時点で「よく分からないけど、きっとためになる情報に違いない」と考えられる方のみ以下を読んでください。

オブジェクト指向とは

オブジェクト指向というのはプログラミングの考え方で、クラスにメソッドを書いてインスタンス化するだけの話です。つまり、カプセル化して、継承して、オーバーライドでポリモーフィズムを持たせるわけです。

・・・ボン!(読者の頭脳が破裂した音)

心配無用ですよぉ。分かりやすく説明しますね。

ギター制作に例えると

ギター制作に例えましょう(こんなん待ってたでしょ?w)。弦6本をボディに張ってフレットで音を区切る楽器としての設計図を造ります。この設計図をクラスと言います。これはただの紙の設計図ですから楽器ではありません。この設計図にはどの部品をどこに付けたらどんな音がするかの内容が書かれています。この内容をメソッドといいます。この設計図(クラス)の内容(メソッド)を元にストラトキャスター風のギターを作ります。この実体化する作業をインスタンス化と言います。

次にまた作りたくなるかもしれないので設計図は誰かが落書きしたりしないように保管しておきます。カプセルの中にいれておけば安心です。この外部から触れないようにすることをカプセル化といいます。

次に作りたくなったのですが、今度は同じストラトキャスターではなく、テレキャスターを作りたくなりました。一から設計図を書くのはめんどくさいので(この「めんどくさい」という考え方がこのオブジェクト指向の根幹です!)、上記のストラトキャスターを作ったときの設計図(クラス)を流用します。この流用を継承といいます。内容(メソッド)にあるボディの形とかピックアップの位置とかが変わりますので書き直します。この書き換えをオーバーライドと言います。これによりテレキャスターが完成します。

この方法で工夫をして行けばどんなギターでも作れそうですよね。この多様性がポリモーフィズムです。

音楽演奏に応用!【ここが本番】

アドリブ演奏に応用しましょう。まずクラスを作ります。自分がどんな音楽家でどんな演奏をするのかのメソッドを決めます。キーがCの曲ならこんなスケールとかフレーズとかをこう演奏する・・・という感じです。このクラスはただの設計図ですから音は鳴っていません。Fly Me to the Moonという曲を演奏することになったら初めてインスタンス化し演奏します。次にAutumn Leavesという曲があったら、そのクラスを継承して演奏しますが、キー、テンポ、コード進行などが変わりますので、メソッドをオーバーライドします。これに自分のアドリブ演奏にポリモーフィズムが生まれるわけです。クラス内の自分のアイデンティティは保ったままです。

NG行為!

若き音楽家よ、(若きエンジニアにもたまにいるけどw)混同してはいけないのが「オブジェクト指向」と「ファンクション」です。ファンクションとは「こうきたら、こうする」という機能です。音楽演奏だと「Gmのコードがあるなら、このフレーズを弾く」と決め込むようなものです。これをやってる人がどれだけ多いことか・・・こんなの音楽ではありません。常に自分の演奏がファンクションになってないか確認して下さい。

まとめ

音楽家に必要な思考術は「オブジェクト指向」です。意味が分からない単語などは、調べなくても結構です。調べれば調べるほど分からなくなるのがこのオブジェクト指向なんです。だから、私に直接質問して下さい。老若男女・理系文系・知性派・直感派など問わず、あなたの背景を踏まえて詳しく分かりやすく説明しますね。(あの、当然TGM会員様でフェイスブック・レッスン参加の方限定です・・・苦笑)

個人相談はこちらへ

津本幸司

待った!

その「クラス」ってのが作れねぇんだよ!

と思った方・・・心配無用です。私が作っておきました。しかも1200個も。それがトータル・ギター・メソッドⓇです。

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain