ギタリストの悩み解決

大人のギタリストの「困った」を解決します。

【ギター・レッスン】難しいフレーズのコツ

ギターの難しいフレーズ

f:id:totalguitarmethod:20200707072516j:plain
難しいフレーズってありますよね。いつまで経っても弾けるようにならない・・・練習にはちょっとしたコツがあります。

よく分かりませんよね。

心配無用です。

この記事を読んだら、難しいフレーズのコツが分かりますよ。

コツ

難しいフレーズの練習のコツは5種類の練習に分ける。

その5種類とは

  1. 適当に弾いてみる
  2. なぜ難しいかを調べる
  3. 個別にテクニックを練習する
  4. ゆっくり弾く
  5. テンポよく弾く

1.適当に弾いてみる

「これは難しいフレーズだからまずはゆっくり練習してから徐々に速くして行こう!」と考えるからいつまで経っても弾けないんです。まずは適当に弾いてみましょう。

2.なぜ難しいか調べる

適当に弾いたら、なぜ難しいのかを考えましょう。おそらく自分の苦手なテクニックが含まれているからでしょう。それが何かを解明しましょう

3.個別にテクニックを練習する

その苦手なテクニックを集中的に練習しましょう。この時点で一旦難しいフレーズのことは忘れても大丈夫です。そのテクニックをマスターしてから戻りましょう。

4.ゆっくり弾く

苦手なテクニックをマスターしてやっと「ゆっくり弾く」段階に入れるわけです。

5.テンポよく弾く

一概に速く弾くことがゴールではないので、ここではテンポよく弾くと書きましたが、まぁ速く弾くと考えていいでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?個別のテクニックの練習をせずに、そのテクニックが何かも分からずに、がむしゃらに練習してしまってはいませんか?

参考になれば嬉しいです。

トータル・ギター・メソッド【アドバンス・フレーズ編】では難しいフレーズを100個用意していますが、個別テクニックをマスターするためにトータル・ギター・メソッド【テクニック編】を用意しています。是非ご利用ください。

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain