ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

【ギター・レッスン】カッティングのコツ

ギターのカッティング

f:id:totalguitarmethod:20200520080018p:plain

カッティングとは和製英語でして、実際にはファンク・グルーヴと言って16分音符主体でブラッシング入りのコードを掻き鳴らすテクニックを指すんです・・・練習にはちょっとしたコツがあります。

よく分かりませんよね。

心配無用です。

この記事を読んだら、カッティングのコツが分かりますよ。

コツ

カッティングの練習のコツは5種類の練習に分ける。

その5種類とは

  1. 手を閉じてストレート
  2. 手を閉じてスウィング
  3. 手を開いてストレート
  4. 手を開いてスウィング
  5. 音を足す

1.手を閉じてストレート

トータル・ギター・メソッドでは手を閉じる方法からスタートすることをおすすめしています。手を開くよりも小回りが効きやすいからです。まずは手を閉じて、つまり中指、薬指、小指を手の中に仕舞い込んで手首を前に出してカッティングしてみましょう。グルーヴはチャカチャカ・チャカチャカとストレートの16分音符のブラッシングで練習して下さい。

2.手を閉じてスウィング

その手を閉じたまんまチャッカチャッカ・チャッカチャッカと跳ねたスウィングのグルーヴで練習しましょう。スウィングのファンクなので略して「スワンク」とも呼ばれます。

3.手を開いてストレート

それでは手を開きましょう。手を開くとちょっと手首の小回りが効かなくなる分、腕を大きく動かす必要があります。ストレートのブラッシングの練習をして下さい。

4.手を開いてスウィング

4つ目は手を開いてスウィングです。少し腕を使いながらチャッカチャッカ・チャッカチャッカと跳ねたスウィングのグルーヴで練習しましょう。

5.音を足す(ここで初めて音!)

ポイントはこの4つの練習が終わってからコードを押さえてカッティングのパターンを練習するところです。ほとんどの人が手の振り方をブラッシングでマスターしてないのにいきなりコードを含むカッティング・パターンを練習してしまって、後から形やグルーヴの修正が大変なことになるんです・・・

まとめ

カッティングの練習のコツは5種類の練習に分ける。

  1. 手を閉じてストレート
  2. 手を閉じてスウィング
  3. 手を開いてストレート
  4. 手を開いてスウィング
  5. 音を足す

参考になれば嬉しいです。

当然ながらトータル・ギター・メソッド【カッティング編】では手を閉じるパターンを中心に確実に上達していただけるように100パターン記載しています。是非ご利用ください。

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain