ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

【ギター・レッスン】速弾きのコツ

ギターの速弾き

f:id:totalguitarmethod:20200831094705j:plain
速弾きとは文字通り速く弾くことを意味します。単に反復練習だけして速く弾けるようになるなら世話いらないんですよね・・・練習にはちょっとしたコツがあります。

よく分かりませんよね。

心配無用です。

この記事を読んだら、速弾き練習のコツが分かりますよ。

コツ

速弾き練習のコツは2種類の練習に分ける。

その2種類とは

  1. ピッキングの均等化
  2. ターゲットへのリズム合わせ

1.ピッキングの均等化

トータル・ギター・メソッドでは速く弾く時は浅くピッキングするようにおすすめしていますが、深くピッキングしながら速く弾く方法があるのも事実です。浅くても深くてもいいので「均等」にピッキングしないといけないんです。ダウン・ピッキングだけ深くて、アップ・ピッキング浅いとか、弦移動の時だけ深くなるとか、ワウンド弦だけスクラッチ気味に弾いてしまうとか、1弦だけは深くピックガードに当たるようにピッキングしてしまうとか・・・様々な症状があると思いますが、とにかく「均等に」をテーマにして練習して下さい。均等じゃない状態から「速さ」を求めるとただのめちゃくちゃ演奏にありますよ。

2.ターゲットへのリズム合わせ

例えば6連符の速弾きをするなら7個目のターゲットの音に向かってリズムを合わせる必要があります。言葉で伝わるでしょうか?細かく速く弾く音自体のリズムではなく、解決先の音のリズムを整えようとするとリズムが「均等」になるんです。

やっちゃいけないこと

上記二つの練習はピッキングを「均等」にすることと、リズムを「均等」にすることを目的とします。「均等」がないのに速く弾くと言うのが御法度です。

上級者は・・・

上級者は速さの中にも強弱などの「抑揚」を作るように練習して下さい。

まとめ

速弾き練習のコツは

  1. ピッキングの均等化
  2. ターゲットへのリズム合わせ

参考になれば嬉しいです。

当然ながらトータル・ギター・メソッド【テクニック編】ではピッキングを集中的に練習するコンテンツが含まれています。そしてトータル・ギター・メソッド【アドバンス・フレーズ編】では上級者用の速弾きフレーズ実践例も100フレーズ記載しています。是非ご利用ください。

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain