ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギター上達の為「ど〜でもいい」と思うべきこと5選!

上手くなるにはコツがある

f:id:totalguitarmethod:20190608114518j:plain

世の中にはいろんな情報があり、取捨選択が困難です。ど〜でもいいことを一生懸命やるギタリストが非常に多いんです・・・無駄なのに。
も、もし自分がやってしまってたら・・・って不安ですよね。

心配無用です。

この記事を読んだら、ギター上達のために「ど〜でもいい」と思うべきこと5選が分かりますよ。

ど〜でもいいこと:その①正式な結論

正式な結論はど〜でもいいんです。しばしばネットで矛盾する情報を見つけては「ホントはどちらが正しいんだ?」と考えてしまいます。その答えを探しながらまた混乱する・・・日常でもAさんにこう言われた、Bさんにこう言われた、どちらが正しい?と混乱してしまいます。こんな事に惑わされてるのは時間がもったいないんです。正しい答え結論がでるのであれば、今の時代その答えがネット上で広まってるはずです。そうなってないというのは正式な結論が出ていない、いや出せないわけなので、そんなことを知ろうとすること自体間違いです。「ふ〜ん、色んな意見があるんだなぁ」と思っておけば大丈夫です。

ど~でもいいこと:その②結果

結果なんてど~でもいいんです。そこに向かうための過程が大事なんです。これ・・・しばしばSNSとかで言ってる人見かけるでしょ?でも、逆にこう言ってる人も見かけませんか?「結果よりも過程が大切と言うのは、結果が出せない人の言い訳だ!」ってのを。個人的に「結果よりも過程が大切と言うのは、結果が出せない人の言い訳だ!」と言ってる人が結果を出してるのを見たことがありません。

ど~でもいいこと:その③先生の言うこと

先生の言うことなんてど~でもいいんです。先生や上司の言うことをそのまま受け入れてそのまま実践するだけだと学習になりません。先生や上司から知見を得て、解釈して、自分にフィットするように考えることが大切です。私も師匠から教わったことを、解釈して考えた結果、真逆の演奏法にたどり着くこともしばしばでした。私の師匠はそれを尊重してくれました。私もこの考え方でトータル・ギター・メソッドを運営しています。

ど~でもいいこと:その④自分の力

自分の力なんてど~でもいいんです。人の力を借りればいいんです。何もかも自分でやろうとしたらパニックになります。命がいくつあってもたりません。「知らないことは自分で調べないと!」「効率の良い練習方法を自分で探さないと!」と、自分で一生懸命やるのが良しとされてたのは高度経済成長期1970年代です。今の時代は人にやらせりゃいいんです。私は音楽教育の専門家ですので、私みたいなやつに効率の良い練習方法を作らせて、知識を持たせておけばいいんです。自分はトータル・ギター・メソッドでつながってさえいればいつでも聞けるわけです。こんなの自分でやるのは至難の業・・・てか無駄です。

ど~でもいいこと:その⑤短所克服

短所克服なんてど~でもいいんです。短所なんて克服出来ないんです。苦手なことは苦手なままです。別にいいじゃないですか。短所のないギタリストなんていますか?そんなことに注力するよりも、自分の長所を伸ばしたほうがよっぽど効率が良いんです。

まとめ

ギター上達のために「ど~でもいい」と思うべきこと5選

①正式な結論
②結果
③先生の言うこと
④自分の力
⑤短所克服

日本全国のギタリストが無駄な情報に振り回されず豊かなギターライフを送ることを願っています。

津本幸司

お困りの場合はトータル・ギター・メソッドにて私が完全サポートしています。

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain