音楽家専用ブログ

音楽家に役立つ記事を配信します

ギタリストが2024年に突然動ける裏技|ぐうたらギタリスト必見

動けない

津本幸司

津本幸司

動こうと思っているのに動けないギター弾きの皆さんに朗報です。勝手に突然動いてしまう方法を伝授します。

結論

チェック・ポイントのデザインをする。

これだけです。

チェック・ポイントのデザイン

はっきり言ってこのチェック・ポイントのデザインさえ出来れば音楽だけでなく、勉強、仕事、恋愛、体型管理、健康、経済の全てが上手く行きます。

当たり前ですが、100万円貯めよう!と意気込んでもなかなか貯まりませんし、3日目くらいで「無理かも」ってなります。

しかし、「なるほどチェック・ポイントか!」と思って10万円をチェック・ポイントとして設定すると「結構10万円貯めるのも大変だな」「てかこれを10回もやらなきゃいけないの?無理っぽい」となります。

かといって、1万円をチェック・ポイントにするとクリアするのは簡単なのですが100回という回数に頭を抱えてしまいます。

この場合は、まずは100円貯めよう、次に1000円貯めよう、1万円、3万円、5万円、10万円、20万円、40万円、80万円、100万円とチェック・ポイントを設定するのはいかがでしょうか?これがチェック・ポイントのデザインです。

 

 

ギター練習なら

例えば、カッティングの練習をするのであれば最初はブラッシングだけをクリア、次に簡単なパターンをクリア、新しい技術を追加したパターンをクリア、技術の複合技をクリア、跳ねたグルーヴをクリア、難解が技術をクリア・・・というチェック・ポイント・デザインにします。

面倒なので先に広告しておくと、これをギターの全練習内容でデザインしたのがトータル・ギター・メソッドⓇです。

注意点

100万円貯金の例でお気付きの通り、「均等に割る」というのが犯しがちな過ちです。金額を徐々に上げて行ったり、カッティングの例のようにクリアする内容を徐々に上げて行くように「対数的」にデザインするのです。

 

 

確認が難しい

自分でデザインするのはある程度できると思いますが、そのデザインが正しいかどうかの判断が難しいのです。しばしば私に「チェック・ポイントのデザインを確認してほしい」と頼まれますが、そのデザインがご本人にとって正しいかどうかはやってみないと分からないのでなんとも言えません。

まとめ

トライするしかないですね。

でも、チェック・ポイントすら作ってなかった自分が2023年にいたでしょ?

サラリーマン・ギタリストが言っていました

「2023年を振り返ると体に悪いゴミを食べてウンコを製造しただけの1年でした」

非常に厳しい振り返りですが、こんなぐうたらギタリストでもチェック・ポイントのデザインで確実に動ける2024年になります。

来年は音楽人生マネジメント、タイム・マネジメントに前期を捧げてください。

私も必死でサポートします。時短テクではありません、理念的にタイム・マネジメントはライフ・マネジメントです。

津本幸司