ギタリストの悩み解決

大人のギタリストの「困った」を解決します。

【公開!】音楽家になりたい人向け:2006年米国講義内容!

音楽家マインド

f:id:totalguitarmethod:20211121154020p:plain

ウソの熱帯雨林でもこの時期は幸せです♫

音楽家になるためのマインドセットってものがあるんです。2006年に西海岸と東海岸の音大で講義をした内容がビデオで残ってたので、軽くブログにまとめます。ちなみにこの内容は年4回のセミナーに分散して内包されます。ネタバレ防止のためふわっとさらっと公開しますね。

ミュージシャンズ・マインドセット(MMS)

MMSと名付けたこのミュージシャンズ・マインドセットは5つの内容から構成されます。

  1. Dispose(捨てる)
  2. Focus(集中する)
  3. Patience(耐える)
  4. Confidence(自信を持つ)
  5. Know(知識を得る)

以上です。

Dispose(捨てる)

見栄を捨てる。遊び時間を捨てる。楽したい気持ちを捨てる。くだらない人脈を捨てる。周りの言葉に流される自分を捨てる。だらしない自分を捨てる。無駄な時間を捨てる。

Focus(集中する)

大胆な目標を立てて一点集中します。上手く行かない、挫折しそう、損をする、誘惑される、反対方向に進んでることに気付く・・・あらゆる妨害があり軌道修正は必要ですが、一点集中してる先はずっと変わらない状態を保つんです。

Patience(耐える)

今すぐに音楽家になりたい気持ちはわかりますが、外で演奏してたらスカウトが来てあれよあれよと偉大な音楽家になった・・・なんて誰もいないんです。それは砂上の楼閣、すぐ潰れます。天才と称されるモーツァルトですらホントは努力家なんです。じっと待ちながら、陰で死ぬほど努力する、いつか実ったら「単にラッキーだっただけ」という顔をすればいいんです。

Confidence(自信を持つ)

皆と同じことやってれば、皆と同じ結果になります。飛び抜けたミュージシャンになるには独立した考え方が必要です。群れに従う羊に用はないんです。最近流行りだしたFacebookとかピーチク・パーチクにはまると羊になります。(注意:2006年当時はSNSという言葉もなく、Facebookが流行りだして、Twitterが出始めた時期でした。英語のTwitterとは鳥さんがピーチク・パーチク言うって意味なのでそういう話をしてました)

Know(知識を得る)

音楽について理解しなきゃいけない。音楽の歴史を知らなきゃいけない。音楽理論をしらなきゃいけない。自分のスタイル以外の知識を持たなきゃいけない。成長方法をしらなきゃいけない。マスターしてるメンター(指導者)に師事しなきゃいけない。ま、これは問題ないでしょう!(音大内での講義なので先生の面子を潰さないために付け加えてましたww)

まとめ

さあ!大人のギタリスト達よ!
ミュージシャンズ・マインドセット(MMS)はお持ちですか?持つ準備はできてますか?プロもアマもない時代ですよ!音楽家として生きましょう!

ま、でもこんな1000文字の記事ちょろっと読んだくらいで音楽家のマインドセットが身に付いたら苦労ないですよねwww。

だからマジで年4回死ぬ想いでセミナーやってるんです。私セミナーの日は1キロ痩せます。それほど集中して必死でやります。明日2021年11月28日14時が2022年3月の募集が遂に始まるそうです。スタッフによると「おそらく5分で締め切ると思う」そうです。

こちら

津本幸司