ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギタリストのカッコイイお金の使い方

ギタリストのカッコイイお金の使い方

お金の使い方にもカッコイイ、かっこ悪いがあるんです。
自分がかっこ悪い使い方してたらどうしよう・・・って思いますよね。

心配無用です。

この記事を読んだらギタリストのカッコイイお金の使い方が分かりますよ。

結論

投資と思えるものに使うんです。

お断り

投資といっても株やFXを意味するわけではありません。「将来的にさらなる価値を生んでくれるものにお金を使うこと」を意味します。

例えば

  1. 欲しいエフェクターがあったとします。欲しい理由がただ「皆が使ってるから」なら無駄遣いですのでかっこ悪いお金の使い方です。でも欲しい理由が「使ったら上手くなりそうだから」なら投資ですのでカッコイイお金の使い方です。
  2. 欲しいギターがあったとします。欲しい理由が「装飾がキレイだから」なら無駄遣いですのでかっこ悪いお金の使い方です。でも欲しい理由が「このギターを使ったらモチベーションが上がってドンドン上達しそうだから」なら投資ですのでカッコイイお金の使い方です。
  3. チューナーがもう1つ欲しくなったとします。その理由が「2つあると便利だから」なら、ただズボラなだけですので、かっこ悪いお金の使い方です。でもその理由が「2つあるとチューナーを付け替える時間が節約できて練習時間が増えるから」なら投資ですのでカッコイイお金の使い方です。

上記のように

エフェクターやギターやチューナーの「商品」でカッコイイ、かっこ悪いが決まる訳ではなくて、どう思ってお金を使うかでカッコイイ、かっこ悪いが決まると言うことです。

新幹線なら

東京〜大阪を新幹線移動するとします。自由席、指定席、グリーン車のどれにしますか?

「お金がないから自由席」「楽そうだから指定席」「見栄を張ってグリーン車」というのは全部かっこ悪いお金の使い方です。「音楽を聴いて下さる一般ユーザーの日常の価値観と触れ合うために自由席」「富士山を見て心を癒やして音楽性を養うために指定席」「経済的に安定している人と一緒の空間で自分のマインドを引き上げて貰いたいからグリーン車」と考えるならカッコイイお金の使い方です。

私は「ペットボトルの水」を買いません。「便利だから」という理由は、かっこ悪いお金の使い方だと思っているからです。しかし、スタジオや自宅には維持費の高い軟水器と浄水器を導入しています。つまり、ペットボトルの水のようなものが水道から出てくるわけです。肌にも健康にも良いため、カッコイイ投資としてのお金の使い方だと思っています。

女性と

私は女性と食事に行くときはサラリーマンの給料分くらいを使います。この理由が「見栄」なら、かっこ悪いお金の使い方ですが、私は「私と関わる女性である以上、最高級を経験してもらう義務がある!そして一緒にいる時間はお金では変えない価値が生まれる」と、多少無理矢理ですが、カッコイイお金の使い方だと思っています。ちなみに女性といっても、女子高生からおばあちゃんまで含みますし、家内が同席していることもあるので「あわよくば・・・」はありません(と、書いとけばいいかな)

f:id:totalguitarmethod:20190521124641j:plain

(大阪では「なにいきっとんねん!」と言われます)

投資クラブ

私はある投資クラブに属していますが、月会費が10万円です。お分かりですよね。10万円払うからにはそれなりのリターンがあるわけです。それが分かった上で払う会費なのでカッコイイお金の使い方だと思っています。

ジム

ジムの会費はお金としては戻ってきませんが、肉体美として戻ってきます。これもカッコイイお金の使い方と思っています。

まとめ

さあ、皆さんも自分のお金の使い方を見直して下さい。カッコイイお金の使い方をするようにして下さい。

ギタリストがお金を使うべき最もカッコイイ投資先が「ギタリストである自分自身」です。49,800円のトータル・ギター・メソッドの購入がギタリスト人生の最高の投資だと開発者の私、津本幸司が自信を持って断言します。

津本幸司