ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギターのスケール練習の弾き方

いっぱいありすぎるスケール

ギターのスケールってどうやって練習するんだろう。
アドリブで実践なんてハードル高すぎ・・・
いつも同じポジションでしか弾けない・・・
こんな悩みありますよね。

f:id:totalguitarmethod:20180305091129p:plain

心配無用です。

この記事を読んだらどうやって効率良く覚えて、実践できるかが分かりますよ。

なんで使えないのか

世の中には多くのスケール本が出回っています。

そして、それら全て最低音やトニック(主音)からの上昇をして下降する形で提示されています。

私自身、その提示方法で何冊もスケールの本を書いています。

しかし、覚えられない理由、アドリブで使えない理由は、

提示された通りに練習するから

なんです。

解決策

結論から述べると

「スケールはポジションの最も高い音から下降して、その後最も低い音から上昇するように練習して下さい」

始めて見るポジションがあったとしましょう。
もし、最低音から上昇するように練習してしまうと恐らく、

  1. まず4つ目の音で間違ってしまいます。
  2. そして4つめの音を覚えて弾けるようになったら7つめの音でまた間違うでしょう。
  3. それらが覚えられたら11個目の音で間違えてしまい、
  4. それも覚えられたら13個目で間違えてしまう。
  5. やっと弾けるようになったら16個目で下降を始める。

こんな練習をしていることでしょう。

これをすると、以下のデメリットがあります。

  • 低音の音の練習回数がかなり増えてしまい、高音の練習回数が減ってしまいます。
  • 低音で上手く弾けないと高音にたどり着けない癖が付いてしまいます。
  • 低音からスケールを弾き始めないと不安になります。

ではなぜこれらがデメリットなのでしょうか。

f:id:totalguitarmethod:20180305091557j:plain

なんのためのスケール練習?

なんのためにスケール練習をしているか思い出して下さい。

恐らくリードギターを弾くため、そしてアドリブで使えるようになるためですよね。

では、ギターソロの真似を口でやってみて下さい。

「キュイ~ン、ペロペロペロペロ!」

となりますよね。高音です。

ギターソロの真似をしようとして

「ゴボ・ゴボ・ゴボ・ゴボ」

となるひとは少ないでしょう。

しかし、ひとたびスケールの練習となると最初に弾くのは決まって

「ゴボ・ゴボ・ゴボ・ゴボ」

・・・矛盾しませんか?

f:id:totalguitarmethod:20180305091303j:plain

高い音から練習すると

「キュイ~ン、ペロペロペロペロ!」
と弾きたいわけですので、高音から練習する方が圧倒的に実践に役立ちます。

そして、低音の音を弾いてから芋づる式に高音を思い出すことがなくなり、ポジション全体を把握するようになります。

なんと言ってもアドリブ演奏時に「練習しているような音並び」にならずに済みます。

一度試してみて下さい。

しかし

しかし、教則本などでスケールを高音から提示すると混乱を招きます。そして見づらくなります。
そのため、私を含め指導者はこれからも、最低音やトニック音からの上昇で始まる形での提示を続けると思います。
従って、あなた自身がそのスケールを見ながら練習法を上記のように工夫するといいと思います。

まとめ

ギタリストがスケールを覚えられない、使えないのは、教則本などで提示されている通りに低音から弾くから。
「スケールはポジションの最も高い音から下降して、その後最も低い音から上昇するように練習する」
これにより全体が把握できて、すぐにアドリブに応用できますよ。

 

(内緒ですが、もうすぐ画期的なスケールの本を発売しますからお待ち下さいね。お読み頂いた方だけの秘密情報ですよ)

津本幸司 

 

スケールのメソッドはこちら

プロ志向のギタリストの方はこちら

ブルース・フレーズはこちら

ジャズ・フレーズはこちら

カッティング学習はこちら

音楽理論の個人指導はこちら