ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

【初心者必見!】最初に覚えるロック・フレーズ3選!2020年度版

ロック・フレーズ

ギターを持ったらロックですよね。
でもどのロック・フレーズから覚えれば良いんでしょうか?
情報が多すぎて分かりませんよね。お気持ち分かります。

心配無用です。

この記事を読んだら、初心者が最初に覚えるロック・フレーズ3選!2020年度版が分かりますよ。

その①チョーキング・フレーズ

f:id:totalguitarmethod:20200324113416p:plain
チョーキングというのは弦を曲げて音を高くする技術です。ロック・ギターの代名詞的技術でしょう。3弦7フレットの「C」のマークがチョーキングを意味します。まず雰囲気だけでも見よう見まねでやってみるのがいいと思います。そして問題にぶち当たったら、それを解決してくれる人を探す!この方法で爆速で上達します。

その②スライド・フレーズ

f:id:totalguitarmethod:20200324113436p:plain
スライドとは特定の音を弾いて、次の音を弾かずに左手をずらすことだけで音を変える弾き方です。4拍目にある2弦8フレットから10フレットにかかる弧と「S」のマークがスライドを意味します。このフレーズを選んだ理由は、前半がその①チョーキング・フレーズで練習したのと同じだからです。ちなみにスライドの技術では、左手の指先が大切なのではなくて、左手の親指の支えが大切なんです。スピード、タイミング、音量の劣化など様々な問題が起こりますが、まずは気にせずやりまくってください。そして慣れたら技術の改善点を的確に指摘してくれる人を探す!この方法で高速でストレス・フリーなギター・ライフが送れます。

その③ハンマリング・オンとプリング・オフのフレーズ

f:id:totalguitarmethod:20200324113447p:plain
ハンマリング・オンとは特定の音を弾いた後、次の音をピッキングせずに左手の他の指で勢いよく押さえることで鳴らす方法です。プリング・オフはその逆で特定の音を弾いた後に勢いよく離すことで他の音を鳴らす方法です。具体的には最初の4弦5フレットから7フレットがハンマリング・オンで、4音目から5音目に掛けての4弦7フレットから5フレットがプリング・オフです。タイミングや次の音の準備などが難しいのですが弾きまくってるうちに慣れてきますのでガンガン弾いてください。変なクセが付きやすいので、致命的なクセに気付いてくれる人を探す!この方法で挫折知らずに上手くなりますよ。

まとめ

初心者が最初に覚えるロック・フレーズ3選でした。

「おいおい!結局各フレーズ練習したらに誰かに頼らなきゃいけねぇ〜じゃんよ!」

ってなりますよね?

そうなんです。最初にロック・フレーズを覚えようとしたら、問題にぶちあたり、致命的なクセが付きやすいんです。だから!挫折する人がこんなに多いんです!解決してくれる人、改善点を的確に指摘してくれる人、致命的なクセに気付いてくれる人・・・世界中で探しまくったら私、津本幸司に行き着くと思いますのでトータル・ギター・メソッドにてお待ちしています。

ちなみに上記はトータル・ギター・メソッド「ブルース・ロック・フレーズ編」のB003、B015、B010です。

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain