ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギターアンプの選び方

アンプ選び

ギターアンプっていろんな種類があって、どれを買えばいいのか分かりませんよね。

心配無用です。

この記事を読んだら、正しいギターアンプの選び方が分かりますよ。

目的を決める

まずはギターアンプを買う目的を決めましょう。練習用、ライブ用、録音用の3つくらいでしょう。練習用に武道館でぶっ放すようなでっかいアンプが不要なのも分かると思いますし、埼玉スーパーアリーナでオモチャのようなアンプが不適切のも分かると思います。

タイプを選ぶ

コンボかスタックを選びましょう。アンプというのは信号を大きくする機械なのでスピーカーというのは別物と考えるんです。そのスピーカーとアンプが一体型になった物をコンボ・アンプと呼びます。スピーカーの上に重ねる、英語では「スタックする」と言いますが、そのような別々になっているアンプをスタック・アンプと呼びます。製品にもよりますが、通常はスタック・アンプの方が大きな音量がでます。でもコンボ・アンプでも十分ですよ。私自身、アメリカのスタジアムでコンボ・アンプだけで演奏したことがあります。

回路の種類を選ぶ

ちょっと難しい項目ですが、回路の種類がいくつかあるんです。大きく分けて、真空管(チューブ)、トランジスタ、ディジタルの3つでしょう。真空管(チューブ)は昔から使われている壊れやすいデリケートな回路ですが、未だに「それがいいんじゃん!」と熱狂的なファンが離れないアンプです。私も個人的にロックやポップスでは真空管(チューブ)アンプを使っています。トランジスタはソリッド・ステートとも呼ばれますが、綺麗なクリーン・サウンドがでて壊れにくいのが特徴です。私は繊細なジャズ・ライブはトランジスタを使っています。ディジタルはコンピュータ制御によって有名な真空管アンプやトランジスタ・アンプを安価に再現するアンプです。私、個人的には使用しませんが、存在をディスることはありません(笑)

自分はどれ?

さあ、自分はどれを選べばいいのかを考えましょう。組み合わせ次第で様々なアンプが選ばれますので、いくつか例を挙げましょう。

A君20歳

ギター初心者。ワンルーム・アパートで1人暮らし。練習用アンプが欲しい。スタック・アンプに憧れるけど置く場所がない。色んな音を経験してみたい。

ディジタルのコンボ・アンプがいいでしょう。

目的 練習
タイプ コンボ
回路 ディジタル

オススメはこちら。電池駆動できるのも嬉しいところです。1万円前後ですしね。サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

B君25歳

ギター中級者。地方の田舎で実家暮らし。音は結構大きく鳴らせる環境。来月のロック・ライブ用のアンプが欲しい。ロック・ライブなので歪んだ音にはこだわりたい。大きな会場だし、車で移動する。

真空管のスタック・アンプがいいでしょう。

目的 ロック・ライブ
タイプ スタック
回路 真空管

これは結構オススメです。たった5万円で「往年のマーシャルの音」がちゃんとしてくれます。

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

C君30歳

ギター上級者。都会のマンション暮らし。爆音でなければ鳴らせる環境。ジャズの練習とライブと録音の全てで使えるアンプが欲しい。

トランジスタのコンボ・アンプがいいでしょう。

目的 ジャズ練習・ライブ・録音
タイプ コンボ
回路 トランジスタ

オススメはこちら。7万円でこの音、使い勝手、信頼性が得られるのはすごいと思います。

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

まとめ

アンプを買う目的、タイプ、回路を考えてアンプを選びましょう。それでも迷うことがあったらいつでもトータル・ギター・メソッドの質問スレッドから相談して下さい。

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain