ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギターが上達するイメトレ

上手くならない

「いつまで経っても上手くならない」わかります。
そう考えてる人って多分ダイエットも失敗してませんか?
自分は体調が悪くなりやすいと思ってませんか?

心配無用です。

この記事を読んだら上達する自分になれますよ。

f:id:totalguitarmethod:20180809131629j:plain

結論

上達する自分の状態というのはが決めてるんです。
だからイメージトレーニングで自己イメージを変えれば簡単に上達します。

ダイエット

ダイエットに失敗する人は、太っている自分が「まぁ自分ってこんなもんだろうなぁ」と思い込んでるんです。そしてそれが「一番快適な居心地のいい状態」になってるんです。だからちょっと思い付きでダイエットしても失敗するんです。

体調

自分は風邪をひきやすい、頭痛持ちだ、腰痛持ちだ、肩こりがひどい・・・これも自分が「自分の状態ってこうなんだよなぁ」と思い込んでるんです。そしてあろうことかそう考えることが「一番快適な居心地のいい状態」になってるんです。

上達しない人

ギターを弾いても上達しなくても「俺ってなかなか上達しないんだよなぁ」と思い込んでるんです。そして、その自分が「一番快適な居心地のいい状態」になってしまってるんです。

実は私も

私は風邪をひきやすいと思ってしまっています。これはいけません。家内は自分は風邪をひかないと言い切っています。20年間も同じ場所で、同じものを食べて、同じ菌に感染しているはずが、なぜか風邪をひくのは私だけです。
私の脳が風邪をひきやすい自分が「一番快適な居心地のいい状態」と考えているわけです。

でも上達なら

しかしギターの演奏に関しては、私は本番前に練習しなくても最高の演奏ができるように普段から練習できていると信じ込んでいます。ちょっと練習しようものなら奇跡的な演奏ができるんだと思い込んでいます。今でもメキメキ上達しています。

「分かってるなら、自分は風邪をひかないんだ!と思い込めよ!」と、しばしば指摘されます。その通りです。

だから皆さんは「自分は練習すればするほ上達するんだ!」「絶対に毎日上手くなってる!」と思い込んで下さい。そしてそれが「一番快適な居心地のいい状態」にすればオーケーです。

一番快適な居心地のいい状態」のことをコンフォート・ゾーンといいます。文字通り居心地のいい空間という意味です。

まとめ

「自分は練習すればするほ上達するんだ!」「絶対に毎日上手くなってる!」と思い込んで下さい。そしてそれが「一番快適な居心地のいい状態」にすれば、どんどん上達しますよ。

若いギタリスト応援しています。

津本幸司

プロ志向のギタリストの方はこちら

スケールのメソッドはこちら

ブルース・フレーズはこちら

カッティング学習はこちら

音楽理論の個人指導はこちら

ジャズ・フレーズはこちら

大切な練習を見極める方法

あれもこれも

たくさんの練習項目があって大変ですよね。

f:id:totalguitarmethod:20180808092838j:plain

心配無用です。

この記事を読んだら大切な練習項目を見極める方法が身に付きますよ。

結論

ダブル・ブッキング」するんです。
つまり同じ時間に2つの練習項目をスケジューリングしておくんです。
そして、その時間になったら
本当に自分にとって今大切な練習はどちらか」を決めるわけです。
自ずと大切な練習項目を見極める力が身に付きます。

普段から

私はスタッフに仕事と私用とダブル・ブッキングさせています。スタッフの女の子は彼氏とデートがあると仕事を休んだりします。その子にとってその瞬間、仕事よりもデートの方が大切と感じるならデートを優先すべきです。

当然、ダブル・ブッキングには弊害があります。上記のスタッフの場合、仕事を優先するなら彼氏とケンカになる可能性があり、デートを優先するなら減給や解雇の危険性があります。

だからこそ!そのリスクを背負ってでもどちらか一方を選択する論理的思考が身に付くんです。

さらに

途中で「やっぱやめた〜」と言うのもありです。
これは「アサンプションアップデート」の記事で書いた通りです。

1つの練習を大切だと思って選択してやってみたら、そこまで大切じゃないと思い始めたとします。そうしたらすぐさま方向転換します。

その時に他の項目を瞬時に選択できるのが、ダブル・ブッキングで得られるメリットです。

まとめ

同じ時間に2つの練習項目をダブル・ブッキングしておきましょう。
自分にとって何が本当に「今」大切かを見極める力が身に付きますよ。
若いギタリストを応援しています。

津本幸司

ブルース・フレーズはこちら

ジャズ・フレーズはこちら

プロ志向のギタリストの方はこちら

スケールのメソッドはこちら

カッティング学習はこちら

音楽理論の個人指導はこちら

ギター練習でゴールにたどり着く方法

ギタリストとしてのゴール

どこですか?
そこに向かって進んでますか?

f:id:totalguitarmethod:20180807103932j:plain(16歳・・・)

心配無用です。

この記事を読んだら自分が目指すゴールに向かって進む方法が分かりますよ。

結論

あなたのゴールは日々変わってるんです。
「いや、おれは小さいころから同じ夢を持ち続けてる!」
分かります。
そういう意味じゃないんです。

毎日変わるとは

昨日の自分と今日の自分では音楽の経験値が上がっています。
昨日の自分が目指していたゴールまでの距離と、今日の自分が目指しているゴールまでの距離が違うんです。昨日と同じ方法が当てはまるとは限りません。

毎日「今日の自分がゴールに向かうためにはこれをしよう!」と考え直す必要があります。

本当に変わることも

ゴールが本当に変わることも少なくありません。
ロックスターを目指していた人が急にジャズに目覚めたり、バンドで武道館を目指していた人が急にスタジオ・ミュージシャンに憧れ始めたりします。
毎日いろんな経験をするので、ゴールが変わることもごく自然なことです。

でも、「今日の自分がゴールに向かうためにはこれをしよう!」と考え直す習慣が身についていれば何の問題もありません。

まとめ

毎日自分のゴールを見直すこと・・・これ大切です。
私も16歳のころから30年ほどやり続けています。

若いギタリストの参考になれば嬉しいです。

津本幸司

 

スケールのメソッドはこちら

ブルース・フレーズはこちら

カッティング学習はこちら

ジャズ・フレーズはこちら

プロ志向のギタリストの方はこちら

音楽理論の個人指導はこちら

エレキギターやってはいけない練習方法

この道を進めばオーケー!

エレキギターの練習でこんなのがあると安心ですよね。
そう考えるのが大きな間違いなんです。

心配無用です。

この記事を読んだら間違いをおかさなくてすみますよ。

f:id:totalguitarmethod:20180807102358p:plain

例えば

  • 知らない場所、目的地は北にあります。
  • 交差点をまっすぐ「」に進むと行き止まりでした。
  • 交差点に戻って「」に行ってからまた北に向かうこととしました。
  • ものすごく迂回していることに気付きました。
  • もう一度交差点に戻って「西」に行ってから北に向かうことにしました。
  • また行き止まりでした。
  • もう一度交差点に戻りました。
  • 少し「南に戻る」と、北へ向かう地下通路の入り口を見逃していたことに気付きました。

ギターの練習ではこんなことよくあるんです。

f:id:totalguitarmethod:20180807102231j:plain

具体的には

  • たくさんのフレーズでアドリブができるようになりたい(北の目的地)。
  • フレーズをたくさん覚えようとした()が上手く弾けない。
  • 立ち止まって、スケール練習が足りないのかもしれないと思ってやった()が上手くならない。
  • もう一度考え直してアルペジオの練習が足りないと感じてやったが(西)上手くならない。
  • この方は自分が理想としているアドリブの完成図が頭に描けてないのかもしれません。
  • ギターを置いてゆっくり音楽を聴くこと(南に戻る)で問題は解決されるかもしれません。

良くある悪い例

北が行き止まりであるにも関わらず、そこでずっと足踏みを続けている・・・
その理由を聞くと「この本に書いてあったから」

分かりますよね。永久に足踏みして終わりです。

良くある惜しい例

北に向かって行き止まりなのに気付いて、東や西にトライしてそれもダメだったから・・・諦める・・・

もったいないです。

アップデート

原因は教材が悪かったのか、自分の体調が悪かったのか、季節が悪かったのか、お昼ご飯が悪かったのかは分かりません。いずれにしても、想定していたことと異なっていることに気付いたらすぐさまアップデートする習慣を身に付けないといけないんです。想定自体をアップデートして下さい。これがよくいわれる「アサンプション・アップデート」です。迂回する、戻るなど様々方法を考えましょう。

まとめ

がむしゃらに前に進むだけが利口な方法とは限りませんので、迂回する、戻るなど様々方法を考えましょう。

若いギタリストを応援しています。

津本幸司

スケールのメソッドはこちら

ブルース・フレーズはこちら

カッティング学習はこちら

ジャズ・フレーズはこちら

プロ志向のギタリストの方はこちら

音楽理論の個人指導はこちら

人に上達させる方法

生徒がなかなか上手くならない

こんな質問をギター教室の先生から頂きました。
この先生は私のギター教室開業・運営セミナーを受講された方です。
バンド仲間が練習してくれないなって相談もよくあります。
これは困りますよね。

f:id:totalguitarmethod:20180729082615p:plain

心配無用です。

この記事を読んだら生徒さんや後輩やバンド仲間を上手にする方法が分かりますよ。
ダメなこと

  • 「頑張って」
  • 「練習しろ」
  • 「勉強しろ」
  • 「目標に向かって進め」

ご相談頂いた先生は生徒さんにこんなコトを言っていたそうです。
これでは逆効果です。

楽器どころか音楽が嫌いになってしまいます。つらいだけです。
しかも、その先生とは上下関係の距離ができてしまいます。この先の生徒さんの脳が「よ〜し!頑張るぞ〜!」という気にはなれないんです。

やるべきこと

感情を込めて、ホントにその生徒さん、後輩、バンド仲間と一緒にこうなりたいんだ!こうなったらその人も自分もこんなに幸せなんだ!しかもこんなに手に届くところにあるんだ!と伝えるんです。
ウソではいけません。
本心であるべきです。

目標共有

そうすると目標が共有された訳なので
「うわ〜!よ〜し!これは2人で頑張れそうだ!」
となります。

難しい言葉で「A10神経群の同期発火」と言います。

ごちゃごちゃ難しい話はしません。
早い話が、上から見下ろしたり、他人事のように人に伝えても他人は何もしません。
同じ目標に向かって一緒に頑張ろうと心から伝えれば、頑張ってくれます。

私が運営するISMギタリスト養成所の生徒さんの目が輝いているのは、講師が本気で一緒に目標達成に向けて熱意を持って頑張ってるからです。

まとめ

上から見下ろしたり、他人事のように人に伝えても他人は何もしません。
同じ目標に向かって一緒に頑張ろうと心から伝えれば、頑張ってくれます。

地方の先生や、バンド活動を頑張るギタリストの参考になれば嬉しいです。

津本幸司

ギター教室開業・運営セミナーはこちら

プロ志向のギタリストの方はこちら

音楽理論の個人指導はこちら

スケールのメソッドはこちら

ブルース・フレーズはこちら

カッティング学習はこちら

ジャズ・フレーズはこちら

高給取りの音楽家になる考え方?

質問されました

「音楽家として高い給料をもらうためにはどうするんですか?」
知りたいですよね?

f:id:totalguitarmethod:20180731085249j:plain

心配無用です。

この記事を読んだら正しい考え方が身につきますよ。

結論

この質問者さんは考え方自体間違っています。
難しい言葉で「ビリーフ・システムの階層性」と言います。
信じていることが段階的に重なってるという意味です。

例えば

  1. 食事は和食だけであるべきだ。
  2. そして和食は生魚であるべきだ。
  3. そして生魚はお寿司で食べるべきだ。
  4. 銀座のお寿司屋さんは高すぎる。
  5. どうやったらお寿司屋が食べられるんだ?・・・
    スシローに行こうか、くら寿司か、いや回転寿司は代替魚が多いから怖いか・・・どうしよう。このままだと永久に食にありつけない・・・

と、お腹が空いている時にコンビニの前で悩んでるとしましょう。
おかしいですよね。

そもそも、最初の「1.食事は和食だけであるべき」という考え方が間違っているので、そこを変えない限り、「5.どうやったらお寿司屋が食べられるんだ?」だけ悩んでも無駄です。
ビリーフ・システムの階層性」の一番底、つまり「信じていることの大元」が間違ってた訳です。

音楽家なら

  1. 音楽家は会社に雇われるべきだ。
  2. 会社から高い給料をもらうべきだ。
  3. 高い給料の仕事をするべきだ。
  4. そんな仕事は少ない。
  5. どうやったら音楽家として高い給料をもらえるんだ?・・・作曲能力を身につけるのか、演奏技術を磨くのか・・・このままだと永久に職にありつけない・・・

そもそも、最初の「1.音楽家は会社に雇われるべき」という考え方が間違ってるんです。だから質問者さんが「5.どうやったら音楽家として高い給料をもらえるんだ?」だけ悩んでも無駄です。

対処法

雇われるだけでなく、雇う側になる方法もあります。
印税だけで高収入も可能です。
今ではYouTubeだけでも生活できます。

「音楽家は雇われて給料をもらう」という根拠のない考え方を改めるといいでしょう。

しかも!

昔は音楽家は教会や宮廷に雇われるサラリーマンだったんです。そして、1800年代にベートーヴェンが「音楽家が雇われて給料をもらうって古いよなぁ!」と言って、自分で仕事始めたんです。
音楽家がこの考え方になってからもう200年経ってるんですよ。

(いまだにこの考え方の人が多いので私達「雇う側」は助かりはしますが)

まとめ

「音楽家は雇われて給料をもらう」という考え方を改めるといいでしょう。

駆け出しの音楽家の収入が安定しますように。

津本幸司

プロ志向のギタリストの方はこちら

スケールのメソッドはこちら

ブルース・フレーズはこちら

カッティング学習はこちら

音楽理論の個人指導はこちら

ジャズ・フレーズはこちら

簡単にフレーズを覚える方法

フレーズ

なかなか覚えられないですよね。
どうやったら覚えられるんでしょうか?

f:id:totalguitarmethod:20180729104949p:plain

心配無用です。

この記事を読んだら簡単に覚えられるようになりますよ。

結論

他の情報を重ねて記憶するんです。

例えば

以下はトータル・ギター・メソッド〜ブルース・フレーズ編〜の15番です。

f:id:totalguitarmethod:20180729104808j:plain


このフレーズをそのまま弾き込んで覚えようとすると時間がかかります。他の情報、特に内包している情報を重ねて覚えるんです。

  • 「後半に3連符が2つあるんだなぁ」
  • 「最初は同じ音なのにチョーキングでやるのと、普通に弾くのがあるんだぁ」
  • 「2弦と1弦の5フレとが続くからピッキングに注意しないとなぁ、インサイド・ピッキングがいいかな?アウトサイドの方がいいかな?」
  • 「このフレーズってスティーヴィー・レイ・ヴォーンのような雰囲気だなぁ」
  • 「明日このフレーズを高橋の前で弾いてみよう!あいつどんな顔するかなぁ。あいつも練習してたりして」
  • 「おっと、そんなことより最後の音が全音符だからビブラート掛けるのがいいかもしれないなぁ、でもブルース・フレーズだからゆったり掛けるよりも細かく掛けた方がいいんじゃないかなぁ」

と、こんな感じです。ここまでフレーズまつわる情報を重ね合わせて考えると覚えることができます。100回弾くよりも早いはずです。
ためしに、このフレーズを弾いてみて下さい。皆さんは既に上記の文章を読んでいるので、すっと覚えられるはずです。
この方法で他のフレーズを覚えて下さい。

これは脳の視覚中枢に「イメージ記憶」をつくる方法です。フレーズですので視覚的な情報は音符やタブ譜でしかありません。それに自分の感じたことを重ねて行くことで強固な記憶情報になるんです。

もっと効率のいい方法

上記の重ねた情報を声に出して言うんです。そうするともっと効率良く覚えることができますよ。

まとめ

フレーズは他の情報を重ねて覚えるとすぐに覚えられますよ。

頑張るギタリストを応援しています。

津本幸司

ブルース・フレーズはこちら

ジャズ・フレーズはこちら

プロ志向のギタリストの方はこちら

スケールのメソッドはこちら

カッティング学習はこちら

音楽理論の個人指導はこちら