音楽家の暗号資産

暗号資産の「困った」を解決します。

音楽家が偽りの自分から抜けだして思い通りに生きる3つの方法

思い通りのライフf:id:totalguitarmethod:20220528044052j:image

思い通りになってないのは自分ができないからじゃないんです。自分自身で「偽りの自分」を作りだして、演じてるだけです。その背景にあるのは当然「恐怖」です。この恐怖ベースの偽りの自分から抜け出すと思い通りに生きられますよ。その方法を3つお知らせします。

①義務で生きない

起きるのも、出勤するのも、働くのも、帰宅するのも「義務」として生きると偽りの自分から抜け出せません。「だけど、義務なんだもん・・・」とお思いでしょう。だから、その義務の中の自分の喜びだけにフォーカスするんです。

例えば嫌な会社に行くのが義務でも、隣の課に最高の美女がいて、いつすれ違うか分からない状況だとしたらどうでしょうか。会社に行くのではなく、美女とのエンカウンターをしに行くんです。

帰宅後の音楽活動が楽しみなら、陰陽対極図(物事には陰と陽の部分が存在するという図)の陰の部分をさっさと片付けると考えるんです。

②ネガティブになる

ポジティブに考えることが流行の昨今ですが、愚の骨頂です。私が教わったのは庭に雑草がボーボーに生えてるのに「庭には雑草が生えてない!綺麗な庭だ!」と思い込むようなもんです。現実逃避とポジティブは違うんです。ネガティブになるのは潜在意識が行っているので、通常見ることができない自分の潜在意識のドアが開いた状態なんです。そのまま暗くなるのはダメです。そうじゃなくて「なんでこんなネガティブなこと考えるんだろう?」と疑問を投げかけることで、その感情が何の必要性があって生まれたのかに気付いて偽りの自分から抜け出せます。

③自分を選んでもらう理由を作る

思い通りに生きてる状態を想像して下さい。人によって異なるでしょうが、私は一切の労働をせず、好きな事を、好きな時に、好きな人達と、好きなだけして、関わる人が皆幸福で、皆裕福になり、それが日を追うごとに加速する状態を想像してました。で、それを追いかけるんじゃないんですよね。その「状態を人格化」して、その人が自分の所に来る理由、つまり自分を選んでくれる理由を作るんです。そうするとやって来てくれますよ。

そのためには目標を明確にして、基準を設定して、ど〜んと構えて、動かない・・・そうするとその人が「んも〜わかりましたよぉ〜苦笑」と言いながらやってきます。

これスピリチャルでもなんでもなく科学です。

まとめ

上記比喩的表現に留めましたが、実際のワークで実現したクライアント多数です。詳しいワークはコーチング・セッションであなたに合わせてマンツーマンで実施します。

津本幸司

音楽家コーチングの他の記事は以下からご覧下さい。

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain