ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ベスト7!厳選カッティング・グルーヴ

たくさんあります。

カッティングのパターンなんて無数にありますよね。ネットでもたくさんのパターンが出回っています。結局どれから練習したらいいの?

誰か選んでほしい!

その気持ち分かります。

f:id:totalguitarmethod:20180413113152j:plain

心配無用です。

この記事を読んでいるギタリストのために、私が独断で7つ厳選します。

じらさずに1位からの発表です。

ベスト1

f:id:totalguitarmethod:20180413112756j:plain
実際にコードを鳴らす16分音符とブラッシングのバランスが取れたパターンです。私もこのパターンを最初にマスターさせられました。

ベスト2

f:id:totalguitarmethod:20180413112803j:plain
最初に付点16分音符があるパターンです。体内グルーヴを強化するのにもってこいです。

ベスト3

f:id:totalguitarmethod:20180413112952j:plain
ニューオーリンズ系のブルースで多用される有名なパターンです。スライドがポイントです。


ベスト4

f:id:totalguitarmethod:20180413112945j:plain
先ほどのグルーヴと代わり映えしませんが、これは16分のスウィングで弾きます。
「チャッカ・チャッカ・チャッカ・チャッカ」と跳ねた感じになります。

ベスト5

f:id:totalguitarmethod:20180413112837j:plain

3連符の登場です。フィルとして使うと上級者っぽくなります。


ベスト6

f:id:totalguitarmethod:20180413112900j:plain
リング・アウト、つまり音を伸ばし続けるグルーヴです。このグルーヴには、なんと32分音符も含まれます。ビートを細かく感じる練習に最適です。

ベスト7

f:id:totalguitarmethod:20180413112851j:plain

2拍目裏、4拍目裏のブラッシングを5,6弦だけで弾きます。ブラッシング音の高低の変化がより良いグルーヴを生み出します。

まとめ

実際このパターンは私のトータル・ギター・メソッド~カッティング編~から抜粋したものです。トータル・ギター・メソッドには、このような選りすぐりのグルーヴが100個掲載されています。難しいグルーヴもあります。しかし、1番から100番まで順番に弾いているうちに、あれよあれよと弾けるようになるでしょう。

ご参考になれば幸いです。

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain