ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ボリュームペダル オススメ3選!

ボリュームペダル

ボリュームペダルは文字通りボリュームを上げ下げするものです。原理は簡単なのですが、商品が多すぎて迷ってしまいます。一昔前はギターの原音のボリュームを「下げる」ためだけに使っていましたが、今の時代はエフェクター類の後に繋いで全体の音量を下げるのに使うことが多いようです。そのため、面倒くさいインピーダンスがどうしたこうしたとかを考えなくてはいけません。まぁ、その説明はお好きな方に任せておいて、下のどれかを買っておけば大丈夫です。

ベスト3

VOX / V860
ヴォックス

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

楽天で見る

Amazonで見る

まずはこれです。ボリュームペダルで最も大事なこと・・・それは「乗れる」ことです。右足でボリュームペダルを操作しながら、違う足で他のエフェクターをオン!なんてことがしばしば起こります。プラスチック製のボリュームペダルはどうも不安です。(もちろん今の時代大丈夫なんでしょうが)この強靱なボディだと大丈夫です。そしてジャックなんてインとアウトさえ付いていれば良いんです。昔の名残でチューナーアウトもご丁寧に付いていますが、今の時代ほぼ使わないでしょう。

ベスト2

KORG / XVP-20
コルグ

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

楽天で見る

Amazonで見る

最低ボリュームの値がセットできて、ステレオ接続できて、さらにエフェクターのかかり具合を操作することもできます。ちょっと高度な操作がお好きな方はこれが良いでしょう。なんかあってもコルグさんはサポートがしっかりしているし、早いので大好きです。こういう会社と関わりたいですね。

ベスト1

ERNIEBALL 6166 250K MONO VOLUME PEDAL
アーニーボール

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

楽天で見る

Amazonで見る

私はもちろんこれです。ロスの音楽高校の時も、バークリー音大の時も、ブロードウェイ・ミュージカルの時も、アイドルのバックで武道館で弾く時も、テレビの生中継も、病めるときも、健やかなる時も、このアーニーボールのボリュームペダルです。これでいいんです。ボリューム変えたいわけです。ボリュームが変わればいいんです。

むかし、スティーヴ・モーズがこれをずらりと並べて1つはボリューム、1つは歪みの変わり具合、1つはディレイのかかり具合、1つはコーラスのかかり具合・・・といった感じでボリュームペダルの上の踊るように踏みまくってたのをボストンで見ました。それ以来いくつも買ってきましたが、一度も壊れたことがありません。ひもが切れると言う噂が昔ありましたが、全く大丈夫ですし、万が一切れても300円で交換できます。それでも心配な方はベスト3のヴォックスにすると良いでしょう。

まとめ

ボリュームペダルに迷ったら上記3つから選んで下さい。複雑なつなぎ方する方はコルグ、シンプルに行く方はアーニーボール、ひもが切れるのが心配な方はヴォックスが良いでしょう。

津本幸司

やらなきゃ損します!

2018年12月12日まで期間限定でAmazonが無料で実施している大流行の「聴く本」オーディブルがオススメです!若い読者の方がいらっしゃるのは分かっているので、金銭がかかるものはオススメしません。今だけ、Amazonが大盤振る舞いしてるうちに無料であやかっちゃいましょう。最初の1冊は無料ですし、気に入らなければ30日以内にやめれば一銭も掛からないので、絶対お得です。やらなきゃ損します!

さらに2018年11月22日までに登録すると色々お得な特典が付いてるようです。私も細かく調べてる間にタイム・オーバーにならないように、すぐお試し登録しました。・・・(で美味しい部分だけゲットして、やめちゃえばいいと思っています)

私、家族、社員はもちろん、友達のエリート・ギタリストの成功者も全員やってます。

以下のリンクをクリックして、ページが現れたら「最初の一冊は無料。今すぐ聴こう」をクリックして、また新たなページが出てくるので同じく「最初の一冊は無料。今すぐ聴こう」をクリックしてカートに入れたらすぐ登録できます。

今すぐ登録して下さい!

Amazon のオーディブルの無料のリンク

急いで!