ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

【トップ・プロ・ギタリスト】必ずやること、絶対やらないこと

プロ

f:id:totalguitarmethod:20190809111937j:plain
トップレベルのプロ・ギタリストが必ずやることと、絶対やらないことがあるんです。アマチュアの段階でやったら結構上達に効きます。知りたいですよね。

心配無用です。

この記事を読んだら、トップ・プロ・ギタリストが必ずやることと絶対やらないことが分かりますよ。

必ずやること

先生、先輩、親族、友達への強烈な感謝

絶対やらないこと

威張ること

感謝

テレビや雑誌のインタビューでよく見かけませんか?ギタリストが「俺のメンターに感謝する」「家族に感謝する」「妻のメアリーのおかげだ」「支えてくれた友人のトムに感謝する」とか、聞いてもないのに感謝してるのを。

あれ、クセが付いてるんです。毎日あのように誰かに感謝してるから、反射的に出ちゃうんです。

私の師匠:ジョン・フィンも事あるごとに「こうやって生計を立てられてるのもビル(バークリー音大ギター科創始者)のおかげだ」と言ってました。

もちろん、私自身もこのブログで何度もジョンに感謝しています。

威張らない

そりゃまぁ、たくさんのトップ・プロ・ギタリストに会いました。ロックではジョー・サトリアニ、スティーヴ・ヴァイ、エリック・ジョンソン、ポール・ギルバート、ジョン・ペトルーシ。ジャズでは、ジョン・スコフィールド、ジム・ホール、マイク・スターン、パット・メセニー。同窓生としてはジョン・メイヤーもいます。

皆、堂々としています。でも威張らないんです。低姿勢です。この文化は日本人だけじゃないんですね。

威張ってるギタリストは、つまり・・・そこまでのギタリストなんです。

まとめ

トップ・プロ・ギタリストは必ず先生、先輩、親族、友達への強烈な感謝をして、絶対に威張らない。

音楽をたしなむ方の参考になれば。

津本幸司

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain