ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

コードのアナライズとは

アナライズ

良く聞く言葉です。
何の事でしょうか?
検索してもよく分からない解説ばかり。
そして、悲しいのは検索上位の多くの解説に「間違い」があります。
間違った情報を参考にしていたら・・・
怖いですね。

f:id:totalguitarmethod:20180902095931j:plain

心配無用です。

この記事を読んだらアナライズとは何か分かりますよ。

分析

当然直訳すると「分析」を意味するアナライズです。しかしこれでは曖昧過ぎます。
コードのアナライズとは2つの事柄を知るための作業です

  1. コードがキーの何番目か
  2. コードがどんな機能をするか

以上です。
これ以外の事を同時に考えるとわけ分からなくなります。
分かってない人ほど、知ってる知識を寄せ集めて博学を装いたくなるものです。

簡単に

私が音楽理論のテーマ、ポリシー、スローガン、約束・・・全てに当てはまる大切なこととして

「物事をややこしくしない」

を掲げています。
簡単に考えましょう。

キー=Cの曲でDm7とG7とCMaj7があるとします。
この3つのコード進行をアナライズします。
先程述べたように作業の目的は2つ、各コードがキーの何番目か、どんな機能をするか。これだけです。

  • Dm7=2番目
  • G7=5番目
  • CMaj7=1番目

アラビア数字(普通の数字)で書くとコードの横に付いてるセヴンスなどの数字と混乱するのでローマ数字で書きます。

f:id:totalguitarmethod:20180902100116j:plain

そしてローマ数字の後にMaj7とかm7を書くだけです。

f:id:totalguitarmethod:20180902100123j:plain

これで最初の「各コードがキーの何番目か」を知る作業は完成です。

次に2番目のコードは5番目のコードとくっついて「ツー・ファイヴ」という定番の進行を作るんだなぁとか、5番目のコードは5度下に解決するんだなぁとかを考えるわけです。

この方法については機能を知る必要があります。

だから、「アナライズとは何か?」を知りたいときに考えるべき情報ではないんんです。ここを詳しく説明しようとするサイトが多いから混乱するんです。

この機能については今後他の記事で説明します。

まとめ

アナライズとは

  • コードがキーの何番目か
  • コードがどんな機能をするか

を知るための作業。それだけです。

ギター初心者の方を応援しています。

津本幸司

プロ志向のギタリストの方はこちら

スケールのメソッドはこちら

ブルース・フレーズはこちら

ジャズ・フレーズはこちら

カッティング学習はこちら