ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

【2019年版】ボリュームペダル オススメ3選!

ボリュームペダル

2019年に買うべきイボリュームペダルは何でしょうか。是非参考にして下さい。

ベスト3

ERNIEBALL / VP JUNIOR 25K
アーニーボール

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

アーニーボールのボリュームペダルは定番中の定番です。しかし大きくて、1.6㎏と重いのが難点でした。このジュニアシリーズは機能や耐久性はそのままに小型化に成功しています。重さも1㎏と軽くなっています。ステージでの耐久性にも優れていますし、「乗って」も大丈夫なところが魅力です。初心者の1台目としてはベストではないでしょうか。

ベスト2

EWS / Subtle Volume Control
エンジニアリング・ワーク・ストア

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

厳密にはペダルではありませんので、ここに上げるのはどうかとも思いましたが、ボリュームをコントロールする機器としては同一の括りになるので上げました。ボリュームペダルの操作の問題点は「繊細なコントロール」ができないことなんです。もちろん足で操作するのでしょうがないとは思います。これはつまみになっているので繊細なコントロールができます。名前も直訳すると「微妙の音量コントロール」。直球でそのまんま感がいいと思います(笑)。

「微妙の音量コントロール」が必要な時というのは、例えばアンプのエフェクト・ループ(センド・リターン)にエフェクターを噛ませた時に「微妙」に音量が変わってしまう時などです。たくさんのエフェクターをお持ちの方はボード内に組み込んでおくのも手だと思います。

ベスト1

JIM DUNLOP / DVP4 Volume X Mini Pedal
ジムダンロップ

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

小型化が進むエフェクター業界。ボリュームペダルも小型化してきています。折り畳みの小型ボリュームペダルも発売されています。耐久性は考慮されていると思いますが、足で操作したときの「安定性」はどうしても小型化とのトレードオフになってしまいます。つまり、小さいほど不安定になるということです。絶妙なポイントを突いてきたのがこのジムダンロップのDVP4 Volume X Mini Pedalです。小さくて、安定している。これ最高です。エフェクターボードの小型化、軽量化を目指すギタリストにはこれがオススメです。

ただですね・・・どうもサウンドハウスで注文すると中古が届くような評価がかかれています。真相は分かりませんが、不安な方は2,000円程上乗せにはなりますがAmazonで買った方が良いかもしれません。一応のamazonリンクを載せておきます。

まとめ

2019年のボリュームペダルは上記の3つから選んで下さい。
初心者の1台目としてはアーニーボール、たくさんのエフェクターをお持ちの方にはエンジニアリング・ワーク・ストア 、エフェクターボードの小型化と軽量化を目指すギタリストにはジムダンロップがオススメです。

津本幸司

他の【2019年版】オススメ機材はこちら

f:id:totalguitarmethod:20190611085303p:plain