ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

初心者のギター上達の3つのポイントとは?

サッとポイントだけ知りたいですよね。

短時間のクリニックや講義で良く聞かれる質問です。

心配無用です。

この記事を読んだら初心者の方のギターが上達する3つのポイントが分かりますよ。

f:id:totalguitarmethod:20180422103444j:plain

結論

  1. 姿勢をちゃんとする
  2. 右手を見ない
  3. 左手の指の第一関節を反対側に曲げない

上記の3つを分かっている人は以下読まなくて大丈夫です。
ただし、分かっていると思っている上級者の半分くらいがホントは分かっていなかったりします。

①姿勢をちゃんとする

姿勢を正せと言われたらどうしますか?
みんな椅子に座って背筋を伸ばします。
これは「小学生にとって良い姿勢」です。

f:id:totalguitarmethod:20180422105245j:plain


私達が求めるのは「ギタリストにとって良い姿勢」です。

ギタリストにとって良い姿勢とは、身体とギターが平行になっていることです。

f:id:totalguitarmethod:20180422103834p:plain

背筋を伸ばしても、ギターが斜めになっていたら意味がありません。

ふん反り返ってても身体とギターが平行になっていたらオーケーです。

f:id:totalguitarmethod:20180422104112p:plain

最悪なのが「あぐら」です。

(最近、ISMギタリスト養成所に通所されている生徒様が普段ベッドの上であぐらをかいて練習しているから養成所では弾きにくいと言っておられました。それを聞いてこのブログを書こうと思ったわけです)

写真は椅子に座っている状態ですが、あぐらをかいたら確実にこのような猫背になります。身体とボディが平行になることはありません。

f:id:totalguitarmethod:20180422104217p:plain
だったら寝っ転がったほうがましと考えて下さい。

②右手を見ない

お箸でご飯食べるときにイチイチお箸の先を見てないですよね?

ギタリストにとってピックはお箸のようなものです。見てはいけません。

今、1弦を弾いてるのか、4弦を弾いてるのか見ないで分かるようになる必要があります。

はっきり言ってお箸でご飯を食べられる人なら誰でもできます。
お箸を間違えて鼻の穴に突っ込んでしまう人はちょっと無理かもしれません。

f:id:totalguitarmethod:20180422104425j:plain

③左手の指の第一関節を反対側に曲げない

何千人に言ってきたことでしょうか・・・
文字通りです。
これ一番ケガしやすいんです。
フィンガーボードに対して弦を垂直に押さえないと第一関節が反対側に曲がってしまいます。

f:id:totalguitarmethod:20180422104640p:plain

まとめ

いかがでしたか?
初心者のギター上達の3つのポイント。

  1. 姿勢をちゃんとする
  2. 右手を見ない
  3. 左手の指の第一関節を反対側に曲げない

 

これからどんどんギターが楽しくなりますように。

津本幸司

 

プロ志向のギタリストの方はこちら

スケールのメソッドはこちら

ブルース・フレーズはこちら

ジャズ・フレーズはこちら

カッティング学習はこちら

音楽理論の個人指導はこちら