ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギターが上達する曲の練習法

1曲練習しても後半が上手く弾けない

イントロや前半の部分はそれっぽくこなせるのに、後半になると間違えちゃう。
最後のサビ何回繰り返しだっけ?
ギターソロの所ヤバい・・・こうなりますよね?
すごく分かります。

f:id:totalguitarmethod:20180411124424j:plain

心配無用です。

この記事を読んだら楽曲の練習方法が分かりますよ。

何で後半間違えてしまうんでしょうか?

曲の頭から練習するからです。
多くの人がやってしまってる楽曲の練習

  1. イントロを何度も練習します。
  2. イントロからAメロまで弾けるようになります。
  3. イントロからBメロまで弾けるようになりますが、たまに間違えます。
  4. イントロからサビの部分までたどり着きますが、間違える回数が多くなります。
  5. イントロから1番と2番の間奏までは弾けるようになりますが、この間奏が難しい・・・
  6. イントロから2番全体まである程度弾けるようになりましたがクオリティが低い・・・

こんな感じでしょう。

この時点でイントロを何回練習しているコトでしょう・・・
イントロ弾かせたらプロ並みになってるかもしれませんね。
そして後半に行くに連れて練習する回数が減っているのが分かると思います。

だから、弾いている本人は「後半になればなるほど不安になるんです

解決策

簡単です。反対から練習するんです
例えば曲の構成が

イントロ・1番Aメロ・1番Bメロ・間奏・2番Aメロ・2番Bメロ・サビ・エンディング

だとしましょう。
最初に練習するのはエンディングです。

練習の順番は

  1. エンディングを練習する
  2. 最後のサビからエンディングまでを練習
  3. 2番Bメロからエンディングまでを練習
  4. 2番Aメロからエンディングまでを練習
  5. 間奏からエンディングまでを練習
  6. 1番Bメロからエンディングまでを練習
  7. 1番Aメロからエンディングまでを練習
  8. イントロからエンディングまでを練習

わかりますか?

イントロをマスターしたときには曲が弾き通せます。

エンディングに近づけば近づくほど、練習回数が増えています。
曲が後半になればなるほど「安心」して弾けるんです。

注意!

これを教えたら、なんと反対から楽譜を読んだ人がいました・・・

ドレミファー」というフレーズを

ファミレドー」と弾いていました。

それは・・・違いますよ。

(これホントに2年に1人くらいの割合でいるから困るんです)

まとめ

楽曲の練習は最後のセクションから練習する。
後半になればなるほど安心して弾けるようにしましょう。

若いギタリストの上達のヒントになれば幸いです。

津本幸司