ギタリストの悩み解決

大人のギタリストの「困った」を解決します。

【2022年版】ノイズリダクション/ノイズゲート・オススメ5選!

ノイズゲート

2022年のオススメのノイズリダクション/ノイズゲート5選を紹介します。

目次

 ISP TECHNOLOGIES ( アイエスピーテクノロジーズ ) / DECIMATOR II 

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

定番で、1万5千円程度の価格で、ツマミが一つで操作性も良く、ライブで重宝するのがこちらです。「このレベル以下はノイズ」とツマミで決めるだけですので、演奏中でもさっと操作できます。

 ROCKTRON ( ロックトロン ) / Micro Hush 

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

ノイズゲートの代名詞であるHushを知ってる方は安心して使えるのではないでしょうか。サイズが小さくなっただけで機能は往年のHushそのものです。

 ROWIN ( ローウィン ) / LEF-319 NOISE GATE ノイズゲート 

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

ゆーて価格が気になる方はこちらがオススメです。3千円を切る価格でノイズゲートが手に入る時代になったんですね。中国様様です。

 TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック ) / IRON CURTAIN NOISE GATE 

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

「このレベル以下はノイズ・・・だけど下げ方に注意ね」と言いたくなる方はこちら、いきなり急に音をカットする(振り切った状態)か、じわっと消して行くか(戻しきった状態)か、その間かを設定できます。バラードなどでディストーションを掛けてロングトーンを多用するギタリストにオススメです。

 ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス ) / SILENCER 

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

「このレベル以下はノイズ・・・どのくらい下げるかは調整したい、下げた音を戻すスピードも調整したい」こんなわがままな上級者には文字通りThreshold、Reduction、Releaseの3つが付いたこちらがオススメです。

まとめ

往々にして大人のギタリストは悪い意味でノイズに慣れてしまってるんです。聞く人、周りの人の事を考えて今一度神経質になってみてはいかがでしょうか?

津本幸司

その他のオススメ機材はこちら

f:id:totalguitarmethod:20190704151940j:plain

ギター教材は初の総合ギターメソッドであるトータル・ギター・メソッドⓇをお使いください。

トータル・ギター・メソッドⓇおよびギター・メソッドⓇはエイジアンサウンド・インターナショナル・インコーポレーテッドの登録商標です。類似品にご注意ください。