ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギター練習 以外としらない♯と♭

♯と♭

これ以外とみんな知らないんです。

f:id:totalguitarmethod:20180823140657p:plain

心配無用です。

この記事を読んだら♯と♭が何か分かりますよ。

意味

♯(シャープ)は半音上げる。
♭(フラット)は半音下げる。
ここまでは知ってますよね。

でも

異名同音があるんです。
例えばG♯とA♭は同じです。
どちらを使えばいいか迷いますよね。

この場合は一つルールを決めておけばオーケーです。
(細かい前提条件などの解説は省きます)
「上昇の時は♯、下降の時は♭を付ければオーケー」です。

上昇するときは
「D・E・F・G・G♯・A・B」
下降するときは
「B・A・A♭・G・F・E・D」

という具合です。

面倒くさいヤツ

Fの音のなのに「E♯」と呼ばないといけない場合があるんです・・・
スケールの音に♯や♭を付けるときに起こる現象です。

例えばBリディアンです。
Bメジャー・スケールの構成音は
「B・C♯・D♯・E・F♯・G♯・A♯」です。
リディアンというスケールはメジャー・スケールの4番目の音を半音上げるわけです。
つまり、E音を半音上げるんです。
だからE♯と考えて
「B・C♯・D♯・E♯・F♯・G♯・A♯」
と書くんです。

同じだからFでいいじゃん!」と、思いがちですが、そんな場合は一つルールを覚えましょう
(細かい前提条件などの解説は省きます)
「スケールの中に同じアルファベットを存在させない」んです。

つまり、F♯が既に存在しているのに、Fを存在させてはいけないということです。しかもEがなくなって、アルファベットを数えたら数えたら4番目がなくなってしまいます。

まとめ

♯か♭かを迷ったら上昇の時は♯、下降の時は♭。
スケールの中には同じアルファベットを存在させない。
これだけ覚えておくと便利でしょう。
(中上級者の方は、上記には例外がたくさんあることを覚えておいて下さい)

初心者の方の参考になれば嬉しいです。

津本幸司

プロ志向のギタリストの方はこちら

スケールのメソッドはこちら

ブルース・フレーズはこちら

カッティング学習はこちら

音楽理論の個人指導はこちら

ジャズ・フレーズはこちら