ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

【2019年版】ディレイ オススメ3選!

ディレイ

2019年に買うべきディレイは何でしょうか。是非参考にして下さい。

ベスト3

MAXON / AD9Pro
マクソン

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

アナログディレイはこれで決まりでしょう。ギタリストが欲しいアナログディレイ感、つまり「ちょっとこもった反射音」とでも言いましょうか、それが得られます。テープエコーのような音から、アンビエンスという空間を追加した雰囲気の音まで多彩にでます。絨毯張りの部屋、フローリングの部屋、タイル張りのライブ会場など様々な環境に合わせて使えるディレイだと思います。最初のディレイならこれをオススメします。

ベスト2

TC ELECTRONIC / Flashback 2 Delay
ティーシーエレクトロニック

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

これはスゴイと思います。この小さな筐体によくもここまで詰め込んだものです。ありとあらゆるディレイが作り込めます。さらに他の方が作った音やプロ・ギタリストが作った設定を移植できるのも魅力的です。ディレイに精通するギタリストになりたい場合はこれをオススメします。

ただ、これを一ヶ月没頭できるオモチャと捉えるか、面倒くさい機械と捉えるかは性格の問題でしょう。ちなみに私は後者(笑)ですので、どちらかというとベスト3のマクソンを買います(私の性格の問題です)

ベスト1

MXR / M292 CARBON COPY DELUXE ANALOG DELAY
エムエックスアール

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

出してくると思いました。一世を風靡したカーボンコピーの進化版です。カーボンコピーを使っていて「あと、ちょっと深さを変えたい」「ミックス具合を調整したい」「足でディレイタイムが決められたらライブ中でも曲に合わせられるのに」みたいな欲求に答えてくれます。デカい筐体は足で操作する以上しょうがないでしょうね。ライブを頻繁に行うギタリストにはこれをオススメします。

まとめ

2019年のディレイは上記の3つから選んで下さい。
全部ひと味違う楽しみ方ができると思いますので、お金持ちの方は3つ買っては如何でしょうか。

津本幸司

他の【2019年版】オススメ機材はこちら

f:id:totalguitarmethod:20190529110248j:plain