ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

上手いギタリストのオーラ

オーラ

うまい人ってなんかオーラが出てますよね?
こんな質問をした方がいました。
「自分が高い時計を付けてギター弾いたらニセモノに見えるんです・・・オーラがないからでしょうか?どうやってオーラって出すんでしょうか?」
それは困りますよね。お気持ち分かります。

f:id:totalguitarmethod:20180414131454j:plain

心配無用です。

この記事を読んだらなんでオーラがないのか分かりますよ。

オーラって?

対バン形式でライブハウスに集まると、弾いてもないのに「上手そうな人」っていますよね?

これなんででしょうか?

「自信」

なんです。

自信があり「ドン」と構えているから上手そうに見えるんです。

これの発展系がオーラだと考えたら良いでしょう。

どうやって出すの?

簡単です。

自信を持てばいいんです。

ただ、これを話すと皆間違えて解釈して、やってはいけないことをやってしまうんです。

やりがちなワースト3!

f:id:totalguitarmethod:20180414131803j:plain

威張る
他人に大きな声で自分がリーダーだとかバンド内で権力があるようなことを知らせようと頑張っちゃいます。これ、逆効果です。

やりがちなワースト2!

f:id:totalguitarmethod:20180414131813j:plain

横柄な態度
自分は人とは違うんだという態度で、だらだらしたり、偉そうにしたりします。これも逆効果です。

やりがちなワースト1!

f:id:totalguitarmethod:20180414131831j:plain

しかめっつら
これ最悪です。身体の部位で最も自信が現れるのが「表情筋」です。

以上。思い当たる人いませんか?

自分だったりして。

対処法

  • 目線を水平より下に落とさないこと。
  • 普通の表情より少し微笑みがあるくらいがいいでしょう。
  • 周りに優しく、協調性をもって振る舞いましょう。

ただし!

はっきり言って上記はハッタリです。
顔の筋肉はウソがつけません。

ホントに自信を身につける方が圧倒的に早いです。

自信がないなら自信が持てるまで練習すれば良いんです。

まとめ

  • オーラ=自信だと思いましょう。
  • 自信が持てれば自然とオーラは出ます。
  • 自信が持てるまで修行+修行+修行。

そのうちそんなオーラなんてどうでもよくなってますよ。

若いバンドマンを応援します。

津本幸司

 

プロ志向のギタリストの方はこちら

スケールのメソッドはこちら

ブルース・フレーズはこちら

ジャズ・フレーズはこちら

カッティング学習はこちら

音楽理論の個人指導はこちら