ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

アドリブができる!3ステップのギター練習

アドリブの練習って難しいですよね。

何から練習したらできるようになるんだか・・・。お気持ち分かります。

f:id:totalguitarmethod:20180407180913j:plain

心配無用です。

この記事を読んで、ギターでアドリブができるようになるための3ステップの練習順序を身につけることができますよ。

まず結論から

①スケール練習

f:id:totalguitarmethod:20180407180941j:plain

まずはスケール練習です。これは他の記事でも述べていますが、アドリブ演奏とは「スピーチ」をするようなものです。
そしてスケール練習とは「ひらがな」を覚えるようなものです。「ひらがな」だけ覚えても上手くスピーチができないことは分かると思いますが、「ひらがな」すら知らない人が「上手くスピーチする方法が知りたい!」と思うのはおかしいですよね。

②アルペジオ練習

f:id:totalguitarmethod:20180407180935j:plain

次にアルペジオです。アルペジオは「カタカナ」みたいなもんだと思えば良いでしょう。

③フレーズ練習

f:id:totalguitarmethod:20180407181029j:plain

そしてフレーズです。フレーズは単語だと思えば良いでしょう。

この時点で、ひらがな、カタカナ、単語(すなわちスケール、アルペジオ、フレーズ)が出そろいましたので、テキト~につなげれば、荒削りなスピーチ(すなわちアドリブ演奏)くらいはできるでしょう。

膨大な量・・・

その3つのステップを踏みたいのはやまやまですが、スケール、アルペジオ、フレーズといっても膨大な量がありますよね。どれから手をつけていいのか分かりません。
そして、今のあなたに必要なスケール、アルペジオ、フレーズを抜粋するのは私達専門家しかできません。

なので、自分で練習するときは今日練習することを「限定してください。

f:id:totalguitarmethod:20180407181339p:plain

どうやって限定するか。

いろいろ、とりあえず決めてしまいます。

  • キー=C
  • スケール=低いフレットのメジャー・スケールのポジション②だけ
  • アルペジオ=5弦から始まるメジャー・トライアドのアルペジオ(CFG)
  • フレーズ=メジャー・スケールのポジション②を使ったフレーズ1つだけ

こんな感じです。

これでスケールは1つ、アルペジオは3つ、フレーズは1つの合計5項目です。

このくらいなら会社や学校から帰ってきても小一時間ですぐ練習できると思いませんか?

このすぐ練習できるってところがすごく大事なんです。

毎日いろんなキーで、いろんな場所で、いろんなフレーズをやってるうちにアドリブができるようになりますよ。

毎日やれば月に30個ですものね。

まとめ

アドリブができる3ステップの練習順は

  1. スケール練習
  2. アルペジオ練習
  3. フレーズ練習

これらを毎日小さな項目に限定して練習すれば、どんどん上達します。

独学で頑張るギタリストを応援しています。

津本幸司

プロ志向の方はここで私が必要項目を抜粋します。