ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギターのピッキング・フォーム

ピッキング・フォームが分からない

ギターのピッキングって難しいですよね。どうやってピックを持って、どのくらいの深さで、どのくらい強く弾くの?
「ギター ピッキング」で検索しても、誰が書いたのかわからない記事ばかり・・・しかもあまり綺麗な持ち方ではなさそう。記事によって言ってることがバラバラ。
YouTube動画でも持論を語る方が多く一貫性に欠けるし・・・

お気持ち分かります。

f:id:totalguitarmethod:20180304101741j:plain

心配無用です。

この記事を読んだらピッキングについて正しい知識を持つ準備ができますよ。

注意点

ここで注意点として「正しい知識を持つ準備ができます」が、「正しいピッキングを文章で伝えることは不可能」であることを最初に覚えておいて下さい。

 

動画や教則本でピッキングが習得できない理由

動画や教則本でピッキングが習得できない理由は、ピッキングが千差万別だからです。

ピックの種類、手の大きさ、スタイル、ギターなどで変わるのです。

ピックの種類と持ち方

どんなピックがあるのでしょうか。
ピック自体が千差万別なのはご存知の通りです。

  • ティアドロップ、おにぎり型、ジャズ型などの形状の違い。
  • セルロイド、ポリアセタール、ナイロン、べっ甲、金属などの素材の違い。
  • 2㎜、1㎜、0.8㎜、0.5㎜、0.3㎜などの厚さの違い。

ティアドロップのような縦長で、ナイロン製で、0.3㎜の薄いピックを浅く指先で持ってしまうと、ピックがしなりすぎて弾けないでしょう。

ジャズ型の小さな形で、セルロイドの2㎜のピックを深く持ってコードを「じゃらん!」と弾いたら、指に擦り傷を負ってしまいそうですね。

スタイルとギター

スタイルとギターの種類を列挙することは省きますが、
薄いピックで浅く持つ人がヘビーメタルの高速リフをギブソンのエクスプローラーで弾き続けるのは難しいでしょう。

ジャズ型のピックを深く持つ人が、ES-335でカッティングをするのは至難の業です。

参考までに

私は個人的にリードを弾く時はセルロイドの1㎜のティアドロップ型のピックを使い、ピックの中心に親指を置き鉛筆を持つ要領でもっています。
写真の私のサインの「ji」の部分がピックの中心に来ていますので、その部分を人差し指と親指で押さえるようにしています。

f:id:totalguitarmethod:20180304101800p:plain

しかし、これはあくまで私のピックと私の手に適切な方法であることを述べておきます。

また、箱物のジャズギターを弾く際には、ポリアセタールの1㎜のティアドロップ型を使っています。そしてコードを弾くときとリードを弾く時に持ち方が変わらないように心がけています。写真がそのピックです。

f:id:totalguitarmethod:20180304101912j:plain

求められる音によってはジャズピックを使うときもあります。この時はかなり浅めに持ってリードを弾きます。そして、ジャズピックでカッティングなどは弾かないようにしています。

しつこいようですが、これはあくまで私がジャズのスタイルの演奏をジャズギターで弾く時に適切な方法であり、読者の方に当てはまるわけではありません。

このように文字で幾つか例を挙げただけでも、ピッキングにはかなりの可能性があります。

つまり、「万能なピッキングというのは存在しない」んです。

解決策

解決策として「自分の信頼しているギタリストに聞いて下さい」

「どうやるんですか?」と聞くのではなく、以下を明確に提示して下さい。
○自分のピックの素材と形状と厚さ
○自分のスタイル
○自分のギター
○自分の体格と手の形状

まず、上記4点に誤りや矛盾がないことを確認してもらってから、適切な持ち方を教わるようにして下さい。

(もちろん私に相談して頂いたら、すぐにお答えします。)

独学禁止

f:id:totalguitarmethod:20180304102154j:plain

独学はオススメしません。
間違ったピッキングを体に覚え込ませてしまうと取り返しが付かないことになります。
正しいことを言っている指導者の方がYouTubeでも教則本でもたくさんいらっしゃいます。
そしてこれらの指導者の方々にはなんとかして正しい情報を広めようとしていることに敬意を払います。
しかし、

「彼らからあなたを見ることはできない」んです。

だから会いに行くしかないんです。

確かに時間がかかり大変ですが、一生に1回くらい正しいピッキングを習ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

ピッキングは千差万別。
独学での習得は不可能。
信頼できる先生を訪問して、自分の環境をお伝えして、適切なピッキング方法を教わりましょう。

良い指導者に巡り会うことを祈っています。

 

プロ志向のギタリストの方はこちら

スケールのメソッドはこちら

ブルース・フレーズはこちら

ジャズ・フレーズはこちら

カッティング学習はこちら

音楽理論の個人指導はこちら