ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

簡単にフレーズを覚える方法

フレーズ

なかなか覚えられないですよね。
どうやったら覚えられるんでしょうか?

f:id:totalguitarmethod:20180729104949p:plain

心配無用です。

この記事を読んだら簡単に覚えられるようになりますよ。

結論

他の情報を重ねて記憶するんです。

例えば

以下はトータル・ギター・メソッド〜ブルース・フレーズ編〜の15番です。

f:id:totalguitarmethod:20180729104808j:plain


このフレーズをそのまま弾き込んで覚えようとすると時間がかかります。他の情報、特に内包している情報を重ねて覚えるんです。

  • 「後半に3連符が2つあるんだなぁ」
  • 「最初は同じ音なのにチョーキングでやるのと、普通に弾くのがあるんだぁ」
  • 「2弦と1弦の5フレとが続くからピッキングに注意しないとなぁ、インサイド・ピッキングがいいかな?アウトサイドの方がいいかな?」
  • 「このフレーズってスティーヴィー・レイ・ヴォーンのような雰囲気だなぁ」
  • 「明日このフレーズを高橋の前で弾いてみよう!あいつどんな顔するかなぁ。あいつも練習してたりして」
  • 「おっと、そんなことより最後の音が全音符だからビブラート掛けるのがいいかもしれないなぁ、でもブルース・フレーズだからゆったり掛けるよりも細かく掛けた方がいいんじゃないかなぁ」

と、こんな感じです。ここまでフレーズまつわる情報を重ね合わせて考えると覚えることができます。100回弾くよりも早いはずです。
ためしに、このフレーズを弾いてみて下さい。皆さんは既に上記の文章を読んでいるので、すっと覚えられるはずです。
この方法で他のフレーズを覚えて下さい。

これは脳の視覚中枢に「イメージ記憶」をつくる方法です。フレーズですので視覚的な情報は音符やタブ譜でしかありません。それに自分の感じたことを重ねて行くことで強固な記憶情報になるんです。

もっと効率のいい方法

上記の重ねた情報を声に出して言うんです。そうするともっと効率良く覚えることができますよ。

まとめ

フレーズは他の情報を重ねて覚えるとすぐに覚えられますよ。

頑張るギタリストを応援しています。

津本幸司