ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギター初心者!コード練習パターン3選!

ジャンジャカジャン

f:id:totalguitarmethod:20190222163403j:plain

初心者の時ってどんなコードを弾いても右手が同じパターンになっちゃいますよね。バリエーションが欲しいけど、難しいパターンは弾けないし・・・

困りますよね。

お気持ち分かります。

心配無用です。

この記事を読んだら初心者用のコード練習パターン3選が分かりますよ。

その1

f:id:totalguitarmethod:20190222162616j:plain

(トータル・ギター・メソッド〜リズム・ギター編より)

ジャーン・ジャン・ジャジャ

まずはこれです。長い音から徐々に細かくするパターンです。最初から二分音符、四分音符、八分音符になっています。最初の二分音符はダウン・ストローク、次の四分音符もダウン・ストローク、その次の八分音符の最初もダウン・ストロークです。最後の八分音符だけアップ・ストロークで弾きます。

その2

f:id:totalguitarmethod:20190222162721j:plain

(トータル・ギター・メソッド〜リズム・ギター編より)

ジャン・ジャ・ジャ〜ン・ジャ・ジャン

次は3拍目を「食う」パターンです。2拍目の裏からアップ・ストロークで3拍目につなげます。3拍目の裏の八分音符もアップ・ストロークになるため、アップ・ストロークが連続してしまいます。そのため、3拍目の頭に向かっている隙に弦を弾かずに空中でダウン・ストロークして次のアップ・ストロークに備えます。これを「空ピッキング(空ストローク)」と言います。

その3

f:id:totalguitarmethod:20190222162829j:plain

(トータル・ギター・メソッド〜リズム・ギター編より)

ジャーン・ジャ・ジャジャ・ジャ・ン

最後は小節の頭を「食う」パターンです。いきなりアップ・ストロークから始まるのが難しいところです。そして1拍目をダウンで「空ピッキング(空ストローク)」してから、アップ、ダウン、アップ、ダウンと続きます。さらに、このパターンには「休符」があります。次の小節に向かうためのアップ・ストロークの直前で右手で弦に触れて振動を止めます。これも難しいところです。

ギターには弾けば弾くほど気付くことがあります。
「音を弾くより、音を消す方が難しい」
ということです。

初心者の段階から音を消すことに注意しておくと後々楽になると思います。

まとめ

いかがでしたか?
初心者の方は勉強になりましたか?

初心者ギタリストを応援しています。

津本こ・・・

と、ブログを終わる前に

恐らく上級者の方は

「あ、この記事は初心者用ね。つまんね〜の」

と、さら〜っとスマホでドラッグしながら流し読みしたコトでしょう。

そう、あなたです。

では、 上級者のあなたに質問します

「今すぐギターを渡されて、NHKの生放送で弾けって言われたら、自信持って弾けますか?」

私は何も言いません。ご自身の胸に聞いて何をすべきか考えて下さい。

津本幸司

ここで紹介した譜例はトータル・ギター・メソッドのリズム・ギター編に含まれる004番、005番、008番の最初の4小節を抜き出したものです。実際には1コンテンツにつき12小節のパターンを解説と、動画で学習できます。さらにそのパターンの数が10個、スタイルが10種類で、合計100コンテンツになっています。初心者から上級者まで漏れなくダブりなく学習できるようになっていますので、是非会員になって学習して下さい。

4月から会員募集開始です。