ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

ギターの収納方法:壁掛け

困るギターの収納

増えてしまったギターの収納は困りますよね。スタンドも邪魔になるし、ハードケースから出し入れするのも面倒。

f:id:totalguitarmethod:20180312081816p:plain

心配無用です。

収納マニアの私が解決策を伝授(?)します。

スタンドとケースだけ?

問題はギターのしまい方をスタンドに立てかけるか、ケースにしまうかどちらかしかないと思っていることです。

豪邸にお住まいの方はスタンドをたくさん買って並べたら良いでしょう。でも潔癖症の私は、苫米地英人さんのギターの並べ方をネットで見て「うわ、ホコリかぶっちゃうよぉ・・・」といつも心配しています。

解決策

私が行っている方法を紹介します。

ずばりギターハンガーを使います。

今はこの方法だけです。スタジオの後部に吸音層をとる理由でクローゼットを作りました。クローゼットの奥行きは1メートル。

f:id:totalguitarmethod:20180312083641j:plain

前側50センチにスーツを掛け、奥側50センチにギターを掛けています。

f:id:totalguitarmethod:20180312081059j:plain

突っ張り棒と下を支える棒を使っています。それにギターハンガーを掛けています。

スタンドを大量に買うお金と、占領されるスペース、そして転倒させるリスクを考えれば、割に合う投資ではないでしょうか。

f:id:totalguitarmethod:20180312081034j:plain

(アフィリエイトが目的ではないため商品リンクを張ることは差し控えます)

実は温度と湿度をスーツに最適に合わせています。スーツの方が繊細です。平均価格もスーツの方が上というのは私にだけ当てはまることかもしれませんが、スーツ用の温度と湿度を保っておけばギターに悪いわけありません。

温度は24度、湿度は50%を保っています。

そんなことを普通のアパートでできるわけないだろう・・・と思うかもしれません。

簡単にできます。高いギターを持っているなら、一番温度差の少ないクローゼットや押し入れの中にギターハンガーで掛けて、衣装用のカバーをかぶせます。湿気が多いなら除湿剤を、乾燥がひどいなら加湿機を置けば完成です。

 

そこまでする必要のないギターなら、放置でも問題ないでしょう。

ちなみに

ちなみに私はホコリがかぶらないようにギターに似合う(?)Tシャツを着せています。色味のセンスがスーツ群と同じなのは私がジジ臭いだけです・・・

f:id:totalguitarmethod:20180312082823j:plain

 

まとめ

増えたギターの置き方はギターハンガーがオススメ。使うギターだけを出してきて使えば省スペース、ホコリもかぶらず衛生的。高いギターを持っているならまるで高級スーツを扱うように衣装カバーをかぶせて、除湿と加湿でケアしましょう。

この記事がたくさんギターをお持ちの方の収納のヒントになっていることを願います。

津本幸司