ギタリストの悩み解決

津本幸司がギタリストの「困った」を解決します。

【2019年版】ファズ オススメ3選!

ファズ

2019年に買うべきファズは何でしょうか。是非参考にして下さい。

ベスト3

MXR / M296 CLASSIC 108 FUZZ MINI
エムエックスアール

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

従来のファズはモノがデカい・・・でも、中開けたらチョコッと可愛い回路が入ってるだけでした。当然近年は小型化されていますが、ハイテク化もされてます。ビンテージ・サウンドが欲しいからファズを使う訳です。それをハイテクで鳴らすのもなぁと思ってしまいます。このファズは小型化されていますが、ビンテージ・サウンドを生み出すあのMXRの108ファズと同じシリコンダイオードを使っていますので、期待通りのファズ・サウンドが手に入ります。ちょっと歪み感が少ない印象もありますが、それはビンテージ・サウンドとのトレードオフだと思って下さい。ファズを使ったことがないギタリストの最初の1台はこれがいいでしょう。

ベスト2

JIM DUNLOP / FFM3 Fuzz Face Mini Hendrix
ジムダンロップ

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

ファズフェイス、ファズの代名詞ではないでしょうか。ただ、ファズフェイスもデカくて重い・・・で、案の定、中身はスカスカでした。形はそのままで、オシャレに小さくなったのがこのジミヘン・モデル。良いですね。このシリーズではダイオードが異なるファズがたくさん発売されているようですが、やはりシリコンが良いのではないでしょうか。個人差はありますが私の耳ではゲルマニウムだと「ガチャガチャうるさい」と感じました。ジミヘン・サウンドを求めるならこれでしょう。

ベスト1

ELECTRO-HARMONIX/ Nano Big Muff PI
エレクトロハーモニックス

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

ビッグマフも今さら説明が要らないほどのファズの代名詞の1つです。でもやっぱり、なんでか知らないのですが、デカかった。その小型番がこちらです。ファズ・サウンドは「強弱のないノベーッと歪んだ音」が特徴です。ただ「もうちょっと低音が」「もう少し高音が」と微調整したくなります。そんな時にこのNano Big Muff に搭載されている【サステイン】と【トーン】のつまみが便利なんです。ファズにも細かいコントロールを求める方はこちらがオススメです。

まとめ

2019年のファズは上記の3つから選んで下さい。
ファズが1台目の方はMXR、ジミヘン・サウンドを求めるならジムダンロップ 、細かいコントロールを求めるならエレクトロハーモニックスがオススメです。

津本幸司

他の【2019年版】オススメ機材はこちら

f:id:totalguitarmethod:20190529110248j:plain