音楽家専用ブログ

音楽家に役立つ記事を配信します

音楽家に必要なパーシスタンスとは【音楽家コーチング™】

ナポレオン・ヒル

もうご存知でしょう。「思考は現実化する」の著者です。この本は1億部売れていますが、私が大学生の頃は数千部止まりでした。まだインターネットが始まったばかりだったからです。穴が空くほど読んだ音楽家だけが成功できると師匠と師匠の師匠に教わりました。本当に穴が空いたページがあります。もちろん目力で穴が空いたわけではなく、めくりすぎて擦れて破れただけです。そのページがパーシスタンスです。

パーシスタンス

日本語訳を読んだことがないので、どう訳すか分かりませんが「粘り強さ」「固執」とでも訳しましょう。

要約

要約すると「成功するには粘り強さが大切だよ」ってことが延々述べられています。私自身粘り強い方なのですが「まだ足りない」と思いながら、何度も読み返していました。

例があり、メタファー(隠喩)として「ブロードウェイ」が使われています。1900年代初頭の本ですので、アメリカの夢の場所として描かれています。そんな場所のステージを踏むためには・・・的な成功への道のりの隠喩として話が進みます。

最新版はブロードウェイの代わりにハリウッドが使われてる版もあります

間違って成功

この本自体が「思考が現実化する」という本で、具体的にイメージして本格的に繰り返せば願いが叶うという、「現代では当たり前の脳科学と心理学」をくっつけた内容なのですが、20歳の私は知るよしもありません。そのメタファー(隠喩)をそのまんま繰り返し頭にたたき込んだので、なんと自分の夢ではないのに「本に書いている通りに」本当にブロードウェイに立ってしまいました。それが1996年のレントです。

私自身、大学時代はメジャー・デビューを24歳までにするという夢だけを追いかけてしましたが、その過程で脳内をこのブロードウェイにハッキングされてしまい、そっちの思考が現実化してしまいました。

これは笑い話としてアメリカのたくさんのコーチング本で私のことが語られています。(実際にはただアホな例としてバカにされてるだけですww)

分かります?この二重の落語のような落ちが?もう一度説明しますね。

本自体が思考が現実化する方法が記載してありう、その中の別の話の例を現実化してしまったという漫才のような話です。

楽勝

ただですねぇ、この原理を一度経験してしまうと後は楽勝です。同じ事すればいいわけですから。粘り強く、決して諦めない、何度失敗しても、いくつになっても、どれだけ周りが敵になっても、何を言われても、何をされても・・・そんな精神があればお茶の子さいさいです。

まとめ

本を書けと昨年まで出版社がうるさいのでブロックしたら、今度はクライアントが本を書けといってきました。でもブログで十分だと思うので書きません・・・でも、なんか、大事な所だけでもまとめといた方がいいような気もし始めてます。四六判のサイズは、128mm×188mmだなぁ・・とか意識が行っています。ただ、人と関わりたくないので、読者の手に入るまで「私→Amazon印刷→あなた」になるようしようかな・・・とか、考えています。

こんなこと言ってる時って・・・もう筆が進んでたりww

津本幸司

中年の男達よ、今年こそ足踏みせずに、世界レベルの一流になる準備をしてください。

スタッフより

音楽家コーチング™はセミナー受講者限定です。直近の10学セミナーはそろそろ満席です。

「10学詳細希望」とメール

asiansoundinternational(アットマーク)gmail.com